編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

マイクロソフト、“ビジネス向けTwitter”こと「OfficeTalk」を限定テスト

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:末岡洋子

2010-03-23 14:30

 Microsoftが「OfficeTalk」というパイロットプログラムを発表した。同社はソーシャルサービスをビジネスユーザーの生活の一部にする方法を探っており、最新のパイロットもその一環となる。

 Microsoftは3月19日付のOffice LabsブログでOfficeTalkを紹介した。ブログではこのパイロットの趣旨について、「マイクロブログの基本的な機能をビジネス環境に応用し、従業員が自分の考えや活動について投稿したり、興味がある人に価値ある情報を提供できる可能性を試すもの」と記している。

 (数人の読者が指摘しているように、Microsoftのこの記述から、OfficeTalkはTwitterというよりも、エンタープライズ向けのマイクロブログサービス「Yammer」に近いといえそうだ。Office Labsのウェブサイトには十分な情報が提供されておらず、どのようなものかがわかりにくい・・・。)

 Office Labsのスタッフは、OfficeTalkをリサーチプロジェクトと位置づけており、商用化計画については明確にしていない(同チームのトレーニングゲーム「Ribbon Hero」、「Canvas for OneNote」アドオン、「pptPlex」のような“コンセプトテスト”の1つとなる)。同チームによると、OfficeTalkは「これまでで最も人気が高かった社内テスト」とのことだ。

 MicrosoftはOfficeTalkがどのようなものか、今後の計画についてこれ以上の情報を公開していない。Office Labsによると、「かなり荒削り」としているが、興味のある人は、OfficeTalkテストへの参加を申し込むことができる。

アップデート(3月22日):Picturepan2がOfficeTalkの画面ショットを公開している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]