編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

これからは“見せる化”--ウイングアーク、Dr.Sum EAの新フロントツール - (page 2)

田中好伸(編集部)

2010-03-25 14:50

Dr.Sum EAのラインアップを拡充

 またウイングアークは同日、BIエンジンのDr.Sum EAのラインアップに「Dr.Sum EA Premium Plus」と「Dr.Sum EA One」を追加、出荷を始めたことも発表している。価格はOneが105万円から、Premium Plusが630万円からとなっている。

 Oneは対応データ件数が1000万件、中堅中小企業を対象にBIを“小さく始める”ためのローエンドモデルと説明する。Premium Plusは対応データ件数が1億〜5億件、中大規模向けとしている。

 Dr.Sum EAのこれまでのラインアップは、小規模向けの「Dr.Sum Standard」、中規模向けの「Dr.Sum EA Advanced」と「Dr.Sum EA Premium」、大規模向けの「Dr.Sum EA Enterprise」の4つとなっていた。このうち、StandardとAdvancedは32ビットOS専用製品だ。

 Oneを追加したのは、64ビットOSが普及したことを受けて、小規模向けでも64ビットが活用されることを想定しているからだ。Premium Plusはデータ件数の増加に対応したものになる。1億件以上の大規模データであっても運用が容易な点を訴求するとしている。

 これでDr.Sum EAのラインアップは、1000万件までのOne、2000万〜1億件のPremium、2000万〜5億件のPremium Plus、1億〜20億件のEnterpriseという構成になる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]