編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

これからは“見せる化”--ウイングアーク、Dr.Sum EAの新フロントツール - (page 2)

田中好伸(編集部)

2010-03-25 14:50

Dr.Sum EAのラインアップを拡充

 またウイングアークは同日、BIエンジンのDr.Sum EAのラインアップに「Dr.Sum EA Premium Plus」と「Dr.Sum EA One」を追加、出荷を始めたことも発表している。価格はOneが105万円から、Premium Plusが630万円からとなっている。

 Oneは対応データ件数が1000万件、中堅中小企業を対象にBIを“小さく始める”ためのローエンドモデルと説明する。Premium Plusは対応データ件数が1億〜5億件、中大規模向けとしている。

 Dr.Sum EAのこれまでのラインアップは、小規模向けの「Dr.Sum Standard」、中規模向けの「Dr.Sum EA Advanced」と「Dr.Sum EA Premium」、大規模向けの「Dr.Sum EA Enterprise」の4つとなっていた。このうち、StandardとAdvancedは32ビットOS専用製品だ。

 Oneを追加したのは、64ビットOSが普及したことを受けて、小規模向けでも64ビットが活用されることを想定しているからだ。Premium Plusはデータ件数の増加に対応したものになる。1億件以上の大規模データであっても運用が容易な点を訴求するとしている。

 これでDr.Sum EAのラインアップは、1000万件までのOne、2000万〜1億件のPremium、2000万〜5億件のPremium Plus、1億〜20億件のEnterpriseという構成になる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]