日本オラクル、ファイル保護製品の提供を開始--暗号化とセキュリティ情報でアクセス制御

渡邉利和 2010年03月30日 20時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本オラクルは3月30日、企業が配布するデジタルコンテンツやファイルの保護、管理を実現するセキュリティ製品「Oracle Information Rights Management(Oracle IRM)」の提供を開始した。

 Oracle IRMでは、メールやデータベースから抽出したデータ、画像などの「ファイル形式となった情報」を暗号化、さらにセキュリティ情報を埋め込むことで物理的にファイルを「シール(保護)」することで、一貫したユーザー認証とアクセス権の強制適用を実現する。なお、同社が言う「シール」とは、「暗号化とセキュリティ情報の付与」を行う処理を意味する。暗号化されたファイル自体にセキュリティ情報が埋め込まれるため、記憶媒体の種類を問わず、ファイルを保護できる点が特徴だ。

Vivek Mahajan氏 日本オラクル常務執行役員、Fusion Middleware事業統括本部長のVivek Mahajan氏

 日本オラクル常務執行役員、Fusion Middleware事業統括本部長のVivek Mahajan氏は、まず同社のセキュリティソリューションが大きく3層で構成されていることを紹介し、「構造化データの保護は“データベース”で、アプリケーション層の保護は“Identity Management”で対応する」と説明。その上で、今回発表されたOracle IRMは「非構造化データのファイル保護」に対応するものだと位置づけた。

 また同氏は、企業における情報漏洩の理由を分類したデータから、「ミス、誤操作、ソフトウェアのバグなど、意図しない漏洩が91.8%、悪意による持ち出しが8.2%」だと紹介し「ミスをしても被害を拡げない仕組み」が必要だとした。

 Oracle IRMには、大きく「アクセス権の制限」「操作権の制限」「参照期間の制限」「操作の追跡」の4つの機能がある。ファイルアクセスの際に、あらかじめ設定されたアクセス権限情報や暗号鍵を保持するサーバと通信し、権限が確認された場合にはファイルを復号するという動作が基本となる。

 設定可能な権限は20種ほどが用意されており、「ファイルを開く」「内容を編集する」といった基本的なものから、「Excelデータに対し、セルの数値は参照できるが、数値を算出するための数式は参照できない」といったアプリケーションの動作と密接に関連する権限なども用意されているという。

 WindowsシステムやOfficeアプリケーションと連携するための豊富なAPIが用意されており、ユーザー側ではOracle IRMの動作をあまり意識することなくファイルを利用できるように配慮されている。

 ファイルを開く場合を例にとると、対応アプリケーションでファイルを開けば、背後で自動的にサーバとの通信が行われて権限が確認され、必要であればユーザー認証のためのログインパネルなどが表示される。設定で禁止されている場合には、Windows上で「Print Screenキー」を押してスクリーンショットを撮ってもアプリケーションの画面がマスクされ、情報が表示されないようにする機能なども実装されている。逆にいえば、ファイルを開くためにどのアプリケーションを利用するのか、というルールが標準化された環境での利用が前提となる。

 ライセンスはユーザー単位で、企業内ユーザー向けが1人あたり7600円、取引先などの外部ユーザー向けにライセンスを提供する場合は1人あたり1100円となる。対応するファイル形式は、Microsoft Office文書、PDF、画像ファイル(gif、jpg、png)、テキストファイル(html、txt、xml)、メール文書となっており、アプリケーションとしては、Office 2003以降、Internet Explorer、Outlook、Lotus Notesなどに対応する。今後、方針としては「あらゆるファイル形式に対応していく」ことが表明されており、対応形式やアプリケーションは今後順次拡大していく予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
デジタル“失敗学”
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]