編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

アクセンチュア、IFRS対応を支援するテンプレート提供--オラクル製品活用

田中好伸(編集部)

2010-02-22 15:56

 アクセンチュアと日本オラクルは2月22日、国内企業の国際会計基準(IFRS)適用への迅速な対応と連結経営管理の高度化を可能とする「IFRS対応連結テンプレート」を開発、アクセンチュアから提供することを発表した。

 IFRS対応連結テンプレートは、オラクルの経営管理アプリケーション群とアクセンチュアのソリューションで構成される。経営管理アプリケーション群は、連結経営アプリケーション「Oracle Hyperion Financial Management(HFM)」と既存の会計システムとの連携を支援する機能「Oracle Hyperion Financial Data Quality Management(FDM)」になる。

 HFMは、グループの経営管理に有効な財務報告書の連結処理を支援する。FDMは、オラクルの統合基幹業務システム(ERP)パッケージ「Oracle E-Business Suite(EBS)」やEBS以外のERP、既存の会計システムから連結財務諸表情報の自動抽出、連携、収集される連結データの品質向上を支援する機能になる。

 今回のIFRS対応連結テンプレートで提供されるアクセンチュアのソリューションは、アクセンチュアが欧州などのIFRS導入実績から獲得したIFRSの資産、IFRS専門コンサルタントの知見や評価に基づいた、IFRS対応に必要な固有要件をあらかじめ実装したものとしている。

 ソリューションには、IFRS対応に必要な組み替え仕訳のひな形やIFRS対応の勘定科目、データチェック機能、連結修正仕訳自動生成機能、IFRSベースの各種財務諸表などが実装されていることから、IFRS制度対応のための期間や負荷、コストを最小化して、IFRSに確実に対応できるとしている。

 アクセンチュアは、経営管理フレームワーク「Accenture / Advanced Enterprise Performance Manangement(AEPM)」を提供しており、その実装ツールとして、オラクルの予実管理アプリケーション「Hyperion Planning」をベースにした「Accenture Planning Solution(APS)」を提供している。今回のIFRS対応連結テンプレートとAPSを連携させることで、成果として表れる連結経営管理が実現できるとしている。

 今回のIFRS対応連結テンプレートは、2009年7月に設置した「アクセンチュア オラクル・イノベーション・センター」の第1弾ソリューションになる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]