アグレックスと日本オラクル、CRM分野で連携

ZDNet Japan Staff 2010年03月31日 17時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アグレックスと日本オラクルは3月31日、アグレックスのデータクレンジング名寄せツール「TRILLIUM」と、日本オラクルのSaaS型CRMアプリケーション「Oracle CRM On Demand」を組み合わせた総合的なCRMを提供すると発表した。

 TRILLIUMは、米Trillium Softwareのパッケージ製品で、住所や姓名、法人名といったキーワードの各種辞書を用いたデータクレンジング機能により、名寄せの際に問題となるデータ表記の違いを解消するツール。アグレックスによると、TRILLIUMの提案活動においてSaaS型CRMと連携するニーズが高かったため、マスタデータ管理分野で実績のある日本オラクルとの協業を始めることにしたという。これにより、アグレックスの顧客データ整備に関する強みと、日本オラクルのCRMに関する強みを組み合わせた総合的なCRMソリューションの提供が可能になるとしている。

 アグレックスでは、データクレンジングや名寄せに加え、Oracle CRM On Demandをより効果的に活用するための関連ツールをSaaS形式で販売する。関連ツールとして用意するのは、各社の基幹システムとOracle CRM On Demandを連携するツールや、ウェブ経由の問い合わせを直接データベースに反映させる見込み発掘ツール、携帯電話連携ツールなどだ。

 またアグレックスは、BPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)分野でも経験が長いことから「アウトソーシング業務のノウハウとOracle CRM On Demandを融合させたワンストップソリューションを実現する」としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算