BIの「I」は、CIAの「I」--企業のデータ活用と国家の諜報活動との意外な共通点

梅田正隆(ロビンソン) 2010年04月22日 20時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回(仕事で扱う「データ」のことを少しだけ本気出して考えてみないか?)は、データ活用における「マスタデータ」の重要性について考えた。その中で「マスタデータは割と固定的なデータ」と書いたが、実際のところ意外とよく変化するのだ。

 たとえば「顧客」のデータは、春になると転勤や進学などに伴って「住所」や「所属」が変わりやすい。あるいは「製品」に関連するデータであれば、製品を構成する「部品」が変わりやすい。部品が変わると原価も変わるため、それが正しく変更されていないと会計上、非常にマズいことになる。ビジネスインテリジェンス(BI)を用いるときも、参照するデータの正確性が重要だと言いたかったのである。

インテリジェンスとは「判断、行動するための知識」

 「BIを使う」ということは、平たく言えば、「ビジネスに関連するデータを収集、分析して、ものごとの状況を判断し、これからの行動を決定していく」ということだろう。だが、そもそも「BI」の「I」が表す「インテリジェンス」とは何のことなのだろうか。今回は、そのことを掘り下げてみたい。

 「インテリジェンスとは何か」については、外務省出身で国立情報研究所教授、政策研究大学院大学教授等を歴任し、インテリジェンス研究家として知られる北岡元氏の著書に詳しい。それによれば、「インテリジェンスの本質」とは「判断、行動するために必要な知識」であると説明されている。

 もともとインテリジェンスの理論は、国家安全保障の世界において、対象国の動きを事前に予測する活動に由来する。いわゆるCIA(Central Intelligence Agency)やKGB、あるいはイスラエルのモサドなどが得意とする、軍事あるいは諜報活動の世界で磨き上げられた理論だ。この理論をビジネスに適用したのが、BI(ビジネスインテリジェンス)というわけだ。

 インテリジェンスは「インフォメーション」から生産される。インフォメーションとは、移ろいやすい現実を、言葉や写真、映像など、何らかの方法で写し取ったものと言える。では、どんなインフォメーションからインテリジェンスは作られるのだろうか。

 材料となるインフォメーションによって、生産されるインテリジェンスは区分されている。伝統的な分類法によれば、インテリジェンスは「ヒュミント」「シギント」「イミント」の3つに分類されるという。かなり「スパイ」的な雰囲気がある言葉だ。

インテリジェンスの3分類法 インテリジェンスの3分類法(出典:北岡元著「インテリジェンスの歴史」慶應義塾大学出版会刊より)

 インテリジェンスの生産は、インフォメーションを収集することから始まる。インフォメーションは特殊なカメラで撮影されていたり、傍受に備えて暗号化されていたりするので、そのままでは扱いにくい。そこで分析できるよう、データを変換するなどの加工が必要になる。さらに様々なインフォメーションを統合し、分析し、解釈が加えられて、ひとつのインテリジェンスに仕立て上げられる。

インテリジェンス サイクル インテリジェンス サイクル(北岡モデル)の概念(画像クリックで拡大表示)

 上図に示したように、たとえばテロ対策のためにインテリジェンスを要求する大統領が存在し、その要求を受けて活動する情報サイドのCIA分析官が存在する。図のような一連のインテリジェンスを生産する工程のことを「インテリジェンス サイクル」と呼ぶ。インテリジェンスを生産したいと考えるのなら、このサイクルを頭に入れておくことが重要である。

時々刻々と変化する現実をいかにしてとらえるか?

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
デジタル“失敗学”
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]