編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

富士通、SAPの“BI-SaaS”日本語版を5月から提供--1ユーザー月額3000円から

田中好伸(編集部)

2010-04-05 15:31

 富士通は4月5日、SAP AGと同社のビジネスインテリジェンス(BI)SaaS「SAP BusinessObjects BI OnDemand」の日本語版を共同開発して、富士通のデータセンターから日本市場に提供することで合意したことを発表した。5月から提供し、月額料金は1ユーザーあたり3000円からを予定している。

 BusinessObjects BI OnDemandは、分散する経営情報を集め、組み合わせて分析、共有することで経営の見える化を実現するとしている。今回提供する機能の一つであるデータマッシュアップは、個々に構築された業務システムから収集した会計データや受注データを、一つの業務システムのデータのようにPCから閲覧でき、経営分析やレポート作成する。

 企業内にある業務システム、たとえば統合基幹業務システム(ERP)のデータは、CSVファイルに落とし込んで、そのCSVファイルをBusinessObjects BI OnDemandにアップロードして、分析する。BIツールの「SAP BusinessObjects Explorer」を標準で搭載している。エンドユーザーはさまざまな経営情報にアクセスして、ナビゲートすることが可能としている。

 BusinessObjects BI OnDemandは2006年から提供。世界で26万人が利用しているという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]