レッドハット、「RHEL 6」ベータ版をリリース--「Xen」は含まれず

文:Matthew Broersma(ZDNet UK) 翻訳校正:湯本牧子、吉武稔夫 2010年04月26日 13時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Red Hatは、「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)6」の第1ベータテスト版をリリースした。特に、仮想化、スケーラビリティ、電力効率などの機能が改善されている。

 RHEL 6は米国時間4月21日、ダウンロード提供が開始された。今回初めて「Xen」ハイパーバイザを含まず、Qumranetが開発した「Kernel-based Virtual Machine(KVM)」のみを搭載した。Red Hatは、2008年にQumranetを買収している。

 Red Hatは、2009年9月に投入した「RHEL 5.4」でXenに加えてKVMハイパーバイザを取り入れた。同社は2009年6月以来、KVMをベースとした仮想化製品をテストしている。

 Red Hatはこれまで、RHEL 6以降Xenを段階的に廃止する意向を常に明言するとともに、企業がXenをベースとした仮想マシンをKVMに移行できるよう支援する各種ツールおよびサービスを提供すると約束してきた。

 Red Hatは、Xenを廃止することにより、2つのハイパーバイザコードベースを維持管理するための膨大な作業から解放されるだろうと述べた。Red Hatはまた、RHEL 5系統について、同社およびパートナー企業各社によるサポートは2014年まで継続されると付け加えた。

 Red Hatによれば、RHEL 6ではパフォーマンス、スケジューラ、ハードウェアのサポートの点でKVMを改善したという。

 新たな仮想化機能としては、不正なアクセスからゲストとホストを保護するセキュリティ機能「sVirt」のほか、物理的デバイスへのアクセスという点でパフォーマンスを改善する「Single Root I/O Virtualization(SR-IOV)」と「N_Port ID Virtualization(NPIV)」、およびカーネルリソース管理のための「libvirt」などを備える。

 RHEL 6では、時間管理システムによって電力管理機能を改善しており、使われていないプロセッサをアイドル状態にする頻度を高める。RHEL 6はまた、「PowerTOP」などの監視ツールや、「Tuned」などのチューニングツールを備えており、サービスの利用パターンに基づいて電力消費を調整できる。

 Red Hatによれば、パフォーマンス向上の一環として、カーネルおよびプロセススケジューラに修正を加えたほか、マルチプロセッサ環境におけるロック同期機能にも改善を施したという。

 デスクトップに関して、RHEL 6ではディスプレイタイプの自動検出機能とマルチディスプレイのサポート、NVIDIA製ハードウェアをサポートする新たなドライバが加わったほか、デスクトップ環境の「KDE」および「GNOME」もアップデートされている。

 RHEL 6ベータ版はRed Hatのウェブサイトからダウンロード可能で、「i386」「AMD64」「Intel 64」の各アーキテクチャ、および「IBM System z」「IBM Power Systems」で利用できる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。原文へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
仮想化

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算