編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

NTTデータ、中小規模向けデータクレンジングツール「OUSIA Lite」販売へ

田中好伸(編集部)

2010-05-20 20:16

 NTTデータは5月19日、Windows対応の中小規模向けデータクレンジングツール「OUSIA Lite(ウーシア・ライト)」を5月末から販売することを発表した。価格は1CPUあたり250万円。出荷は6月末を予定している。

 OUSIA Liteは、顧客データの表記揺れを高精度に補正するツール。半角や全角の統一、空白と記号の除去などの文字列のクレンジングのほか、住所の欠落補完、誤り補正、“丁番地”表記の標準化、住所と氏名の分かち書き、旧住所から新住所の変換などができるという。住所データは、毎月新しい住所辞書が提供されることで、データ品質が維持できるとしている。

 主に中小規模の顧客管理システムでの導入を想定しているという。たとえばダイレクトメールでの販売促進、ルートセールス、マーケティングなど顧客情報を活用した業務で、よりデータの精度を向上させられ、顧客情報の不整合に起因する顧客とのトラブルやコストの削減、サービス品質の向上に貢献できるとしている。

 NTTデータはこれまで大規模向けに名寄せツール「OUSIA」を提供しており、OUSIA Liteは富士通のデータクレンジングツール「Interstage Information Quality」を採用して、中小規模向けとしてラインアップに追加する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]