マイクロソフト、デンソーと特許クロスライセンス契約締結

冨田秀継(編集部)

2010-07-08 19:50

 Microsoftとデンソーは7月8日、両社製品ラインの開発力強化を目的とする特許クロスライセンス契約を締結した。両者が保有する特許を現在から将来にわたって、相互に自社製品で利用することが可能になる。

 本契約にあたり、デンソーはMicrosoftに対価を支払うが、金額等は非公開となっている。

 デンソーは国内大手の自動車部品サプライヤー。世界の主要自動車メーカーに自動車技術、システム、製品を提供している。Microsoftはこれまでも、アルパインやパイオニア、TomTomなど、個人用ナビゲーションデバイスメーカーとの間で特許契約を締結してきたが、本契約もこれに基づくものとなる。

 MicrosoftのIntellectual Property&Licensing担当ゼネラルマネージャー、David Kaefer氏は、「Microsoftは、FordのSYNC、起亜(Kia)自動車のUVO、そしてフィアットのBlue&Meといった製品に利用されている自動車用娯楽情報ソフトウェアに投資を続けて います。当社はその過程で、一連の価値ある特許をこの分野において取得してきました。デンソーならびにMicrosoftの両社は、今回のような特許クロスライセンスを締結したことで、それぞれのお客様が求める最先端技術を提供することが可能となります」とコメントしている。

 Microsoftは、IPライセンスプログラムを2003年12月に開始して以来、600件以上のライセンス契約を締結してきた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]