バンテック、マイクロソフトのクラウドによるメールシステムを全社導入

ZDNet Japan Staff

2010-08-24 20:09

 バンテックは8月24日、約3000人が利用する社内メールシステムとして、マイクロソフトの「Microsoft Exchange Online」を採用したと発表した。10月より本格的な運用を開始する。

 バンテックでは、2009年の持ち株会社を含む3社の合併に加え、10月には国内関係会社の再編を予定しているため、グループ内で混在するメールシステムの統一と整備が課題となっていたという。Microsoft Exchange Onlineの採用にあたっては、「クラウドの特徴を活かした短期間かつ低コストでの導入が可能であること」「企業向けコンサルティング部門であるマイクロソフトコンサルティングサービスによるサポート体制を含めたきめ細かなコンサルティングサービスを受けられること」などを高く評価したという。

 このシステムでは、ソフトバンク・テクノロジーが開発したID管理システム「Online Service Gate」を、マイクロソフトの「Windows Azure Platform」上に構築し、Microsoft Exchange Onlineと連携することで、社内設置型と同等のセキュリティをクラウドサービスで実現しているという。また、社外からのアクセスに対しても、高いセキュリティレベルでのアクセス管理や端末の制御を実現できるとしている。

 両社によれば、Microsoft Exchange Onlineを含むマイクロソフトのクラウドグループウェアである「Microsoft Online Services」と、クラウドプラットフォームである「Windows Azure Platform」が連携したソリューションの採用は国内初の事例という。バンテックでは今後、IT面でマイクロソフトの支援を受けつつ、グローバルでの導入も進めていく予定だという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]