リアルコム、現場密着の「SharePointミニアプリケーション群」を開発へ

富永恭子(ロビンソン) 2010年08月27日 16時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 リアルコムとビジネス・プロダクティビティ研究会(BP研究会)は8月27日、部門およびグループレベルでの「Microsoft Office SharePoint Server (SharePoint)」活用のカギとなる簡易アプリケーション(ミニアプリ)群の開発を行っていくことを発表した。開発に先立ち、両社は企業事例の調査を実施。その調査結果を元に今後新たなミニアプリを開発し、展開していくという。

 BP研究会は、リアルコムが主宰するSharePointの活用に関するユーザー企業の研究会。ベンチマーキング活動を通じて、SharePointユーザーに共通のテーマとそれに対応するGSP(Good SharePoint Practice)を提示し、SharePointユーザーが使いこなしの改善に取り組む際のヒントを提供していくことを目指しているという。

 SharePointは、「ポータル」「コラボレーション」といった機能とともにアプリケーション開発基盤としての機能も持っており、設定レベルでワークフローや帳票などの入出力フォームを伴ったアプリケーションを実装することができる。しかし、利用する現場ユーザーにとってはやや難易度が高く、情報システム部門やシステム開発会社の支援を受けずに現場レベルでSharePointミニアプリを開発し活用している例は多くないのが実情だったという。これに対してリアルコムとBP研究会では、会員各社の現在のミニアプリ活用事例を調査し、「ユーザーにとって現実的な設定レベル」を見極めたうえで、その範囲に限定したミニアプリ群を開発していくこととを決定したとしている。

 調査の結果によれば、ミニアプリはSharePoint標準機能の範囲で実装可能なものも多く、また「SharePoint Designer」や「Nintex Workflow」などのアドオンツールを利用すると比較的簡易な設定だけで十分に利用価値が高いものが作れると結論づけている。また今後開発するミニアプリは、BP研究会参加企業に試用され、そのフィードバックを活かしつつ改良が加えられる予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算