石油業界大手シェルのICTアウトソーシングを富士通が獲得--19カ国の店舗にサポート提供

富永恭子(ロビンソン)

2010-09-10 17:57

 富士通は9月10日、石油業界大手のSHELLの主要19カ国のガソリンスタンドにおいて、最先端のICT導入やサポートを行うICTアウトソーシングを獲得し、7年間の契約を締結したと発表した。

 これまで、SHELLのガソリンスタンド店舗では、給油管理、POS、カードリーダ、バックオフィスなどのシステム導入、運用などについて、多くのサプライヤーがそれぞれにサービスを提供してきた。今回の契約締結により、主要19カ国では、富士通が既存および新規システムのサポートだけでなく、今後の最先端ICT導入に関しても責任を負うことになるという。全世界を均一にサポートするために、同サービスは富士通の北米、欧州、APACの3地域のコールセンターから行われる予定だとしている。

 なお、同サービスの導入は、SHELLが全世界で推進しているガソリンスタンドにおける店舗改革「Global Sites Systems Programme」の一環であり、富士通はSHELLの主要19カ国の市場で、ビジネス効率の向上やコストの削減を行うなど、ICTの改革を担うパートナーとして参画するという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]