編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

富士通SSL、メール誤送信防止製品にチェック徹底サービス追加

富永恭子(ロビンソン)

2010-09-22 19:53

 富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は、メール誤送信防止製品「SHieldMailChecker」のオプションとして、同製品のチェックを徹底するサービスの提供を9月21日より開始したと発表した。

 SHieldMailCheckerは、メールの宛先間違いや添付ファイルの取り違えなどメール誤送信を未然に防止するクライアントソフトウェア。既存のクライアントPCへのインストールだけで済み、メールサーバ環境の変更や追加は不要。短期で導入でき、共通ポリシーにより、効率的にセキュリティレベルを統制できるのが特徴だという。また、ホワイトリストの学習機能により過剰な警告を抑止し、宛先確認のマンネリ化を防止する特許機能も装備している。

 今回、提供を開始したオプションサービスは「SHieldMailChecker GateWayAnalyzer」で、SHieldMailCheckerのクライアントへのインストール状況と、送信されたメールが同製品によりチェックされたかどうかをサーバ上で確認できるというものだ。

 SHieldMailChecker GateWayAnalyzerは、パソコンやメールソフトの入れ替えによる「SHieldMailChecker」のインストール忘れなど、同製品の未使用者をメールアドレス単位で把握することができるため、社内のインストール状況を逐次確認し、使用を徹底させることができる。

 また、送信されたメールに対し、SHieldMailCheckerによるチェックの有無をサーバ上で確認し、レポート形式で出力。チェックを受けていない社外宛てメールの配信を拒否することができ、送信者にエラー通知を返すことによりインストールを促すことが可能だという。

 さらに、個別カスタマイズサービスにより、特定のキーワードを含むメールのフィルタリングや、メールソフトの種類やバージョンによるフィルタリング設定を提供する。これにより、社外宛てメールの誤送信リスクを最小限に抑え、ユーザーのメール誤送信に対するセキュリティ強化を支援するとしている。

 SHieldMailChecker GateWayAnalyzerの提供価格は、メールサポートつきの基本サービスで、月払いの場合は5万7750円から、年払いの場合は62万3700円から。個別カスタマイズサービスは個別見積りとなる。基本サービスで、メールサーバとバックアップサーバの2台まで利用可能だ。なお、同サービスを利用するためのサーバは別途用意する必要があり、サーバの動作環境としてRed Hat Enterprise Linux 5.2(for x86)以降のOSと、sendmail-8.13.8以降またはsendmail-cf-8.13.8以降のメールサーバが必要。また、導入に際しては、導入手順書に従い、ユーザー自身で導入することも可能だとしている。富士通SSLでは、今後2年間で25社への提供を目指すという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  2. 経営

    迫られる改正電子帳簿保存法対応--中小・中堅企業に最適な簡単&現実的な運用方法とは

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. 運用管理

    5G時代におけるクラウドサービスの問題点、通信の最適化・高速化を実現する「MEC」の活用事例を紹介

  5. コミュニケーション

    情報が見つからない&更新が進まないFAQページは絶対NG!効果的なFAQを作成・運用するために

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]