編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ネットアップ、統合管理製品の最新版 「NetApp Virtual Storage Console 2.0」を提供開始

富永恭子(ロビンソン)

2010-09-22 21:16

 ネットアップは9月22日、VMwareの「vSphere」で構築された仮想化環境においてネットアップのストレージを一元管理できる統合管理製品の最新版「NetApp Virtual Storage Console 2.0」の提供を開始した。同製品は、ネットアップのユーザーおよびパートナー向けサポートサービス専用サイトから無償でダウンロードして使用できる。

 NetApp Virtual Storage Console 2.0は、VMware vSphereで構築された仮想化環境の統合管理コンソール製品「VMware vCenter Server」のプラグインとして使用する。最新のVMware vSphere 4.1に対応しており、vCenterの管理画面から、仮想サーバや仮想デスクトップ環境におけるストレージ管理作業を実施できる。

 また、従来はそれぞれ別の管理画面による操作が必要だった仮想化環境向けデータ管理自動化ソフトウェア「Snap Manager for Virtual Infrastructure」と、仮想デスクトップ環境向けの運用管理ソフトウェア「Rapid Cloning Utility」の機能を統合している。これにより、Snap Manager for Virtual Infrastructureが提供するバックアップとリカバリの自動化機能、災害対策のためのディザスタリカバリ(DR)機能や、Rapid Cloning Utilityが提供する仮想環境用の容量割り当てや既存環境のサイズ変更、バーチャルマシンの仮想クローンを作成するプロビジョニング機能など、ストレージのセットアップから運用に必要な機能のすべてがvCenterから一元的に操作可能になっているという。なお、バックアップ、リカバリ、DRおよび仮想クローンの機能を利用する場合には、別途有償のオプションライセンスを購入する必要がある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]