フォレストHD、プライベートクラウド基盤に「Oracle Exadata」を採用

富永恭子(ロビンソン)

2011-01-17 16:07

 医薬品や医療機器の卸販売を中核とする企業グループの持株会社であるフォレストホールディングスは、統合基盤プラットフォームに「Oracle Exadata」を採用した。日本オラクルが1月17日に発表した。

 Oracle Exadataは、データ検索を高速化するストレージ「Oracle Exadata Storage Server」と、データウェアハウスシステム「Oracle Exadata Database Machine」で構成される。サーバおよびストレージ間のデータ転送でボトルネックが発生しにくいアーキテクチャを採用し、社内のデータベースアプリケーションの統合、データ格納量を従来の最大10倍に増強、データ検索処理を最大10倍に高速化しているとする。ビジネス上の意思決定の迅速化などを、アプリケーションの変更なしでリアルタイムに行えるという。

 フォレストホールディングスでは、医療流通サービスの向上を目指し、グループの中核企業であるアステムを通じて医療流通インフラを提供している。今回、同グループ企業が利用するデータベース統合基盤プラットフォームの構築を進めており、2010年12月に「Oracle Exadata」を採用したという。これにより、グループ共通の業務インフラの構築とグループ内の営業情報の集約、運用の最適化、ガバナンスの向上を目指すとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]