編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

NTTPC、クラウドサービスにF5の仮想アプライアンス導入

ZDNet Japan Staff

2011-03-30 15:11

 NTTPCコミュニケーションズ(NTTPC)は、同社が提供するプライベートクラウドサービス「WebARENA Symphony 仮想環境構築サービス」に、F5ネットワークスジャパン(F5)が提供するアプリケーショントラフィック管理製品「BIG-IP Local Traffic Manager Virtual Edition(BIG-IP LTM VE)」を導入した。F5が3月30日に発表した。

 WebARENA Symphony 仮想環境構築サービスは、VMwareの仮想化技術を使ってICTインフラを構築し、企業ユーザーのICTリソース追加やサーバ統合といったニーズに対応するクラウドサービス。NTTPCでは、これまでロードバランシングが必要な案件においては、物理アプライアンスを導入していたが、その場合、導入の初期費用が高額になるといった課題を抱えていた。

 BIG-IP LTM VEは、物理アプライアンスである「BIG-IP Local Traffic Manager」の機能を保持しつつ、費用対効果の面でメリットの大きいVMware対応の仮想マシンとして提供される仮想アプライアンス。今回の導入決定にあたっては「物理環境での利用実績が多く、蓄積してきたノウハウの有効活用が可能」「携帯電話向けのサービスで多用されるショートパケットの処理に強いなどの優れたトラフィック処理技術」「物理環境と同様のサービスを使用したいというサービス利用者からの要望」などが評価されたという。

 今回のBIG-IP LTM VEの導入により、NTTPCは、自社のクラウドサービス提供において、競争力が高いアプリケーション配信機能の提供ができるようになったという。また、BIG-IPの物理と仮想のアプリケーションに互換性があるため、検証機を購入することなく、ユーザーが仮想アプライアンスの評価版で事前検証した設定を本番でも利用でき、コスト削減と運用の簡素化が実現されたとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]