編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

F5ネットワークスとCSE、テレワーク環境向けにアクセス最適化と認証基盤を提供する連携ソリューションで協業

ZDNet Japan Staff

2010-03-24 14:02

 F5ネットワークスジャパン(F5)とシー・エス・イー(CSE)は3月24日、F5の統合型データセンターアクセス最適化新製品「BIG-IP Edge Gateway」と、CSEの本人認証製品「SECUREMATRIX(セキュアマトリクス)」の動作連携検証を完了し、テレワーク環境向けの連携ソリューションを提供すると発表した。

 両社による共同検証は、F5とCSEが2006年12月に締結したテクノロジーアライアンス契約に基づいて実施された。この連携ソリューションは、遠隔で業務を行う従業員やモバイルユーザーに、セキュアなアクセスを提供するとともに、中規模、大規模ユーザーのシステムにおいて高いコストパフォーマンスをもたらすという。

 BIG-IP Edge Gatewayは、デバイスやアクセスネットワークの種類を問わず、セキュアなSSL VPNアクセス、ダイナミックアクセス、通信の最適化、アプリケーション高速化をもたらすアプライアンス製品。従来型のSSL VPN製品と比べ、テレワーク環境の構築にかかる費用を50%以下に抑え、かつ最大4万同時ユーザーアクセスを処理する拡張性を持つという。

 一方のSECUREMATRIXは、「マトリクス認証」方式を採用することにより、認証デバイスが不要の本人認証システム。これまで、リモートアクセス、シンクライアント、Windowsログオンの認証強化などを目的に、2010年2月末時点で約650社、60万IDの導入実績があるという。

 両社では、BIG-IP Edge GatewayとSECUREMATRIXの連携ソリューションにより、テレワーク環境の構築における、コスト、セキュリティ、パフォーマンスの課題を解決でき、ROIの向上と企業の競争力強化を支援するとしている。

 希望小売価格は、BIG-IP Edge Gatewayが448万円より(最小300同時接続ユーザーの場合、税別)、SECUREMATRIXが31万円より(25ユーザーの場合、税別)。両社ではこの連携ソリューションのプロモーションで協業し、初年度100社以上の導入を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]