ドクター・中松氏のイノベーションへのアプローチ - (page 2)

飯田哲夫 (電通国際情報サービス)

2011-04-19 08:00

なぜ注目するのか?

 石原慎太郎氏、東国原英夫氏、小池あきら氏、渡邉美樹氏と有力候補はあれど、毎回都知事選になるとドクター・中松氏が気になる。それは、支離滅裂な印象ではありながらも、実現したい何かからスタートするドクター・中松氏の楽観的なイノベーションへのアプローチにある。

 イノベーションにしろ、企業の戦略にしろ、何かを実現しようとすると、現在手元にあるもの(資金、人的リソース、技術などなど)からできることを積み上げる方法と、実現したいビジョンをまず描いて、そこへ向けたプロセスを詰めるという方法がある。

 往々にして手元にあるものからスタートすると、寂しい未来が描かれ、実現したいものからスタートすると、非現実的なプランが描かれる(ちなみに、民主党の政策はその双方が中途半端にミックスされているので、誰からも支持されない)。この二つのアプローチは、それぞれメリットとデメリットがあるから、どちらが良いというものではない。そのメリットやデメリットは、その時の状況によりどちらかが強くなり、どちらかが弱くなるというものだからだ。

 今の日本の置かれている状況、つまり目先の大きな成長が見込めず、財政赤字が積みあがり、そこへ未曾有の震災に襲われた時、手元にあるものから積み上げると、なかなか夢を持てるような明日は描くことができない。こういう時こそ、実現したいビジョンからスタートして、そこへ向けて危機を乗り越える力を生み出すというプロセスが求められる。

 そうした意味で、「あんなことできたらいいな」というドラえもん的なドクター・中松氏のイノベーションへのアプローチは、何故か憎めないのである。あるいは、潜在的にこういう発想と実現力が組み合わさった、誰かが出てこないかという潜在的欲求を刺激するのかもしれない。

 ちなみに、ドクター・中松氏の理論によれば人間は144歳まで生きることが可能であり、本人はまだ中年であると主張している。故に、これから何度も都知事選には登場することになる。また、ドクター・中松氏のフロッピーディスクは今でも買える。しかもサイン入り。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。また、現在閲覧中の記事は、画面下部の「Meebo Bar」を通じてソーシャルメディアで共有できます。

飯田哲夫(Tetsuo Iida)

電通国際情報サービスにてビジネス企画を担当。1992年、東京大学文学部仏文科卒業後、不確かな世界を求めてIT業界へ。金融機関向けのITソリューションの開発・企画を担当。その後ロンドン勤務を経て、マンチェスター・ビジネス・スクールにて経営学修士(MBA)を取得。知る人ぞ知る現代美術の老舗、美学校にも在籍していた。報われることのない釣り師。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]