編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ダイセル、国際会計基準対応でグループ統一システム導入--業績把握を四半期から月次へ

富永恭子 (ロビンソン)

2011-07-05 19:51

 化学品メーカーのダイセル化学工業は、国際会計基準(IFRS)に対応するためグループ統一会計システム「DivaSystem GEXSUS」の導入を決定した。ディーバが7月5日に発表した。

 ダイセル化学工業は、約50社の子会社との連結決算業務を連結会計システム「DivaSystem」を活用していた。IFRS対応を機に、これまで四半期だったグループの連結業績を月次で把握するのと、国内主要子会社や海外子会社との決算期統一を視野に入れ、システム刷新を検討してきた。

 その中で、四半期から月次で連結情報を作成するには、現在のままでは3倍の業務量になる試算結果がでたという。DivaSystemに入力するセグメント情報などの作成で、表計算ソフトでの属人化された作業が散在しており、容易に標準化できないことがわかったとしている。多様な切り口で連結情報を可視化して分析するためには、会計情報だけではなく販売実績など基幹系システムが持つ情報もグループ間での統合が必要だが、それらのデータを集める基盤もなく、連結情報を経営層の意思決定に十分に活かしきれないことも判明していた。

 これらの課題を解決するため、同社はシステム的な対応として、基幹システム改修で対応する部分と連結決算システム強化で対応する部分とに区別し、後者に関して現在利用しているDivaSystemにDivaSystem GEXSUSを組み合わせた新システムを構築することを決定している。

 DivaSystem GEXSUSは、IFRS対応を早期にかつ高いROIで実現できるというグループ統一会計システムとして2010年9月から発売されており、既存の連結決算システム同様に親会社の情報システム基盤上に構築される。DivaSystem GEXSUSは、取り扱うデータを個別会計の仕訳レベルまで、システムの利用者をグループ子会社の個別会計担当者にまで広げ、企業グループのIFRS対応で子会社を含むグループ各社の個別会計システムを見直しせずに、グループ各社が主体となって自社決算数値をIFRSに対応させられるのが特徴だとしている。

 DivaSystem GEXSUSの採用では、各子会社の会計システムで保持している仕訳帳データを自動で収集し、DivaSystemへ連携できるため、月次での連結業績把握にかかる業務量を削減できることが評価されたという。IFRS対応の中でも基幹システムの改修では対応しきれない、国内主要子会社や海外子会社との決算期の違いによる差異を解消できること、表計算ソフトによる計算や配賦業務などをDivaSystem GEXSUSに任せることで属人化を排除し業務標準化を促進できることなども採用のポイントになったという。

 DivaSystem GEXSUSに統合されたグループ会計情報と販売情報などは、統合データ活用ソリューションである「DivaSystem MIPS」にデータ連携される。DivaSystem MIPSは、単体会計や連結会計などの各種財務情報に加えて、子会社や支社、支店、工場まで含めた企業グループ全体の販売や生産、在庫などのデータを統合、顧客単位や製品単位での詳細にデータを分析できるという。多様な切り口でグラフィカルに可視化して分析でき、経営の意思決定を支援できることも評価されたとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]