編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

NTT Com、在宅勤務を支援する新サービスを提供--通信とクラウド組み合わせる

ZDNet Japan Staff

2011-10-04 10:12

 NTTコミュニケーションズは、リモートオフィス環境を提供する「リモートオフィスソリューション」を10月4日から提供する。データ通信回線(3G)や公衆無線LANサービス、スマートフォン、クラウドサービスをパッケージングし、ソリューションとして一元的に提供する。

 リモートオフィスソリューションでは、同社の総合クラウドサービス「BizCITY」を組み合わせて利用できる。オンラインストレージや仮想デスクトップといった機能を利用することで、外出先での業務遂行を支援するとともに、災害などで出社できない場合も在宅で業務を継続することが可能だとしている。

 また、050IP電話アプリによる無料内線通話を利用することもできる。「リモートオフィスソリューション」同士や、同社の各種IP電話サービスへの通話も無料で利用できるという。一般加入電話への通話は8.4円(3分)、携帯電話へは16.8円(1分)。

 そのほか、スマートフォンにDellのVenueを採用。Android対応アプリやテザリング機能を活用できる。2012年3月にはVPN接続機能も提供する予定だ。

 基本料(定額通信料)は、データ通信回線と公衆無線LAN、050IP電話アプリを利用できる050プランが月額5880円。050プランに「Bizデスクトップ ベーシック」を追加したBizデスクプランは月額7140円。それぞれ別途、工事費が必要。また、スマートフォンは1台あたり4万5360円。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]