編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本HPとみずほ情報総研、テスト支援で協業--テスト工程の自動化狙う

田中好伸 (編集部)

2011-10-17 17:07

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)とみずほ情報総研は10月17日、テスト支援ソフトウェア分野で協業することを発表した。日本HPのテストツールとみずほ情報総研のテストプロセス改善ノウハウを組み合わせた「テスト自動化・最適化ソリューション」を提供する。

 日本HPはみずほ情報総研とテストツールのリセラー契約を締結した。テスト自動化・最適化ソリューションは、要件と品質を統合して管理するソリューション「HP QualityCenter」とソースコード解析ツール「HP Fortify」、性能負荷テストツール「HP LoadRunner」、機能テスト自動化ツール「HP QuickTest Professional」を使用する。

 みずほ情報総研は2003年からLoadRunnerを全社で使用しており、2010年にはQuickTest Professionalをみずほグループ内で利用している。今回のリセラー契約でQualityCenterとFortifyの取り扱いを開始し、みずほ情報総研がみずほグループの金融機関で培ったテストプロセス改善ノウハウを組み合わせてテスト自動化・最適化ソリューションとして提供する。リセラー契約とあわせて、HPソフトウェアの一次サポート窓口を担うSVI契約も締結して、テストツールの販売から導入支援、教育、保守サポートまでをワンストップで提供する。

 現在、金融業を中心に事業継続性やセキュリティ対策の観点からシステム開発に対する品質要求が厳しくなっており、テスト工程の重要性がより高くなっているといわれている。その一方でシステム開発の約50%がテスト工数で占められ、多くの企業でいまだに人手によるテスト作業が展開されており、テスト工程に大きな工数とコストを費やしているのが現状だ。従来のテスト工程を改善して、テスト作業の自動化と最適化に向けて、テストツールを活用するニーズが高まっていることが、今回の協業の背景にある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]