編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

企業のスマートフォン導入:3割以上が前向きも産業によってまちまち

田中好伸 (編集部)

2011-12-13 15:03

 IDC Japanが12月13日に発表した調査によると、企業の14.6%がスマートフォンをすでに導入しており、31.2%が導入に前向きであることが分かった。同社はスマートフォンやタブレット、モバイルクラウドの導入動向についてウェブアンケートで1万8686社から回答を得ている。

 スマートフォンを導入した企業の18.6%が、オフィスの自席から離れ、仕事をするときに端末から社内の基幹システムと連携したアプリケーションを活用する「モバイルソリューション」をすでに導入、これは全体の2.7%にあたる。スマートフォンを導入した企業がモバイルソリューションの導入を考えている比率は41.2%に達し、全体の6.0%になる。

 これからスマートフォンやモバイルソリューションを導入しようと考えている企業は、全体の21.2%に達している。これらからモバイルソリューションは29.9%まで広がる大きなビジネス機会になるとみている。

図 産業分野別スマートフォン導入率(出典:IDC Japan)
※クリックすると拡大画像が見られます

 調査では、スマートフォンを活用したモバイルソリューションの導入とモバイルクラウドの導入は相関関係にあり、モバイルソリューションの導入企業の4割はモバイルクラウドを利用していることが明らかになっている。これからモバイルソリューションの導入を考えている企業は9割以上がモバイルクラウドを前提に考えており、営業支援や顧客管理、在庫需給管理などを検討している企業が多いことも分かっている。

 スマートフォン1人あたりの月額通信料金の最適価格帯を算出すると2762~3533円となり、モバイルクラウドの月額利用料金の最適価格帯は490~533円となっている。すべてを含むモバイルソリューションの最適価格帯は4536~5152円となり、通信料と利用料に加えて、クラウド利用料や運営管理費など1619~1774円が上積みされていることも分かっている。

 同社の片山雅弘氏(携帯端末&クライアントソリューショングループマネージャー)は「企業はスマートフォンの導入に意欲的」とコメント。だが「産業分野別でみると証券や通信・メディアなど導入が進んでいる分野とそうでない分野に分かれる。導入した企業は平均すると4人に1人に支給されているが、2010年から比べると80%以上の従業員に支給していると回答した企業の比率が上がっている」と分析している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]