Office 365と複合機を無償レンタル--リコーと日本MSが被災企業向け支援

ZDNET Japan Staff

2011-12-20 14:49

 リコージャパンと日本マイクロソフトは12月20日、東日本大震災で被災した企業の事業再開支援を目的とした「オフィス復興支援パック」の提供を12月21日から開始すると発表した。両社の製品やサービスをパッケージングし、特別価格でレンタルする。

 オフィス復興支援パックで提供される製品は、リコーのカラー複合機やオフィス家具(事務机、キャビネットなど)、電話、パソコン、ネットワーク環境の構築から運用までを支援する「NETBegin BB パック Select」、「クラウドサービス for Office 365」。日本マイクロソフトは「Office 365」のライセンス料を無償で、リコージャパンは12月15日に福島県喜多方市に開設した「東北リユースセンター 喜多方」で再生処理されたカラー複合機を本体無償(保守料金、消耗品代は別)で提供する。

 オフィス復興支援パックの月額レンタル料金は、 通常の約6分の1となる月額約1万円(基本料金)から。リコーの販売店各社を通じて提供する。レンタル期間は最長で1年程度を予定している。

 リコージャパンでは、オフィス復興支援パックの専用ダイヤルを開設。また両社で無償のIT活用セミナーを実施するなどして、被災企業の事業再開を支援したい考えだ。

 リコージャパンと日本マイクロソフトは1月にクラウド分野で提携、6月からクラウドサービス「Office 365」にサポートとサービスを付加した「クラウドサービス for Office 365」を提供していた。

ZDNet Japanでは現在、サイバー攻撃に関する意識調査を実施中です。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]