ハッカーマインドでいこう!前編--Linuxが果たした役割

富永恭子 (ロビンソン) 2012年01月06日 20時50分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Linuxの奇跡は、大きく2つのことを20年間かけて証明したことによって起きた」ーーーと語るのは、楽天 開発部 アーキテクトグループの技術理事であり、12年の歴史を持つOSS勉強会「カーネル読書会」を主宰する吉岡弘隆氏だ。

 Linuxがオープンソースとして生まれてからの20年を振り返り、その足跡と果たした役割について語ってもらった。

世界を変えたオープンソース「Linux」

 2011年はLinuxが生まれてちょうど20年目の年にあたります。この間に、Linuxをはじめとするオープンソースは、世の中を大きく変えてしまいました。

 オープンソースがなければGoogleのような会社も登場しなかったでしょうし、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアも今とは違った形になっていたでしょう。Amazonなどが超分散システムを自ら構築してある種のデータセンターやサービスを提供するにいたっているのも、そのベースにはオープンソースがあったからこそです。オープンソースの上に、現在のインターネットの大企業の競争力が成り立っています。

 また、この流れの中でソフトウェア産業の様相もガラリと変わってしまいました。商用ソフトを使うという構造から、オープンソースをどう活用するかという方向にビジネスの重心が急速にシフトしてきています。例えば、商用のソフトウェアで100万台のコンピュータを動かすのは膨大なライセンス料がかかるため、とても現実的ではありません。ところがLinuxのようなライセンス料が発生しないオープンソースであれば、それが可能です。今やLinuxは、携帯電話やテレビにも使われ、スーパーコンピュータの97%はLinux OSとなっています。

 12年前にLinuxの創始者であるリーナス・トーバルズ氏が「Linuxによるワールドドミネーション(世界制覇)」をめざすといったとき、それはジョークでした。ところがそれが、ほんとうに起こってしまいました。このようなケースは人類史上初めてであり、リーナス自身も語っているようにある意味での「奇跡」です。

 私が主宰する「カーネル読書会」も今年で12年目を迎えました。1999年の4月に「Linuxカーネルを読む会」として始めた当初から、会則だの目的だのという厳格な組織を作らず、面白そうなことを勝手にやるというスタンスで歩んできたこの読書会とともに、Linuxの奇跡が起こっていくのを見守ることができたのは、私にとって得難い経験でした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算