編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

ハッカーマインドでいこう!前編--Linuxが果たした役割

富永恭子 (ロビンソン)

2012-01-06 20:50

 「Linuxの奇跡は、大きく2つのことを20年間かけて証明したことによって起きた」ーーーと語るのは、楽天 開発部 アーキテクトグループの技術理事であり、12年の歴史を持つOSS勉強会「カーネル読書会」を主宰する吉岡弘隆氏だ。

 Linuxがオープンソースとして生まれてからの20年を振り返り、その足跡と果たした役割について語ってもらった。

世界を変えたオープンソース「Linux」

 2011年はLinuxが生まれてちょうど20年目の年にあたります。この間に、Linuxをはじめとするオープンソースは、世の中を大きく変えてしまいました。

 オープンソースがなければGoogleのような会社も登場しなかったでしょうし、FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアも今とは違った形になっていたでしょう。Amazonなどが超分散システムを自ら構築してある種のデータセンターやサービスを提供するにいたっているのも、そのベースにはオープンソースがあったからこそです。オープンソースの上に、現在のインターネットの大企業の競争力が成り立っています。

 また、この流れの中でソフトウェア産業の様相もガラリと変わってしまいました。商用ソフトを使うという構造から、オープンソースをどう活用するかという方向にビジネスの重心が急速にシフトしてきています。例えば、商用のソフトウェアで100万台のコンピュータを動かすのは膨大なライセンス料がかかるため、とても現実的ではありません。ところがLinuxのようなライセンス料が発生しないオープンソースであれば、それが可能です。今やLinuxは、携帯電話やテレビにも使われ、スーパーコンピュータの97%はLinux OSとなっています。

 12年前にLinuxの創始者であるリーナス・トーバルズ氏が「Linuxによるワールドドミネーション(世界制覇)」をめざすといったとき、それはジョークでした。ところがそれが、ほんとうに起こってしまいました。このようなケースは人類史上初めてであり、リーナス自身も語っているようにある意味での「奇跡」です。

 私が主宰する「カーネル読書会」も今年で12年目を迎えました。1999年の4月に「Linuxカーネルを読む会」として始めた当初から、会則だの目的だのという厳格な組織を作らず、面白そうなことを勝手にやるというスタンスで歩んできたこの読書会とともに、Linuxの奇跡が起こっていくのを見守ることができたのは、私にとって得難い経験でした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]