編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

シャープ、「経営コックピット」に「SAP HANA」採用--海外からの情報をリアルタイムに

田中好伸 (編集部)

2012-01-25 15:51

 シャープは経営管理システム「経営コックピット」にインメモリソフトウェア「SAP HANA」を採用した。SAPジャパンが1月25日に発表した。

 経営コックピットは、世界60カ国以上の拠点から提供される売り上げや経営情報を役員や管理部門長が一目で把握できる経営管理システム。シャープの経営システム担当部門であるITシステム推進センターは経営コックピットについて「世界各拠点の経営情報を集約し、瞬時に把握して次の戦略の裏付けになるデータを取得できるシステムの構築を模索していた」という。従来型データベースの経営コックピットでは「バッチ処理と時差の関係もあって、世界の管理情報を収集するには2日間を要していた」と説明している。

 HANAの導入を検討して、既存システムを再現した実証実験の結果から「グローバルに時差も関係なく、リアルタイムの全拠点情報収集、大量データの瞬時検索、従来できなかった複雑な検索ができることを確認した」という。「これはインメモリソフトウェアという革新的な技術で情報革命であり、ビジネススタイルの変革に大きく貢献する」とその意義を強調している。

 シャープの経営コックピットはSAPの統合アプリケーション基盤「SAP NetWeaver」をベースに、フロントツールとしてAdobe SystemsのRich Internet Application(RIA)の「AIR」を活用している。HANAは2011年10月にSAPのデータウェアハウス(DWH)ソフトウェア「SAP NetWeaver Business Warehouse」がサポートするデータベースになっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]