編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

JAL、ウェブアクセスセキュリティにIIJのSaaS活用--優先制御で基幹業務の遅延を防止

田中好伸 (編集部)

2012-02-29 15:21

 日本航空(JAL)はウェブアクセスに必要なセキュリティ機能をSaaS型で利用できる「IIJセキュアWebゲートウェイサービス」を2011年7月から運用している。インターネットイニシアティブ(IIJ)が2月29日に発表した。

 JALは2010年から全社ネットワーク刷新の検討を始めており、ネット接続回線をはじめプロキシやセキュリティなどネットワークにかかわる、さまざまなシステムや機能の再構築を検討してきた。IIJは2000年からJALにネット回線を提供している。

 今回のネットワーク更改では、既存のIIJのネット回線の増速と、基幹業務にかかわる従業員のウェブアクセスが、そのほかの従業員のウェブアクセスの影響を受けて遅延しないよう優先制御が可能なウェブプロキシとしてIIJセキュアWebゲートウェイサービスを提案している。

 今回の採用では、IIJセキュアWebゲートウェイサービスで提供するセキュリティ機能やフィルタリング機能、優先制御を実現できるシステム構成、同サービス導入によるコストメリットなどが評価されたという。設計から運用開始までの期間を約3カ月という短期間で行い、サービス利用への移管をスムーズに進めることができた点も評価されているとしている。

 JALと同グループ会社の一部がサービスを利用しており、ウェブフィルタリングやウイルス対策、ログ保管、ダウンロードの基本機能に加え、PCごとのログを取得できるバイパスオプションを利用している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]