ビッグデータ:eBayの分析プラットフォーム開発責任者にインタビューしました

栗原潔 (テックバイザージェイピー) 2012年03月15日 12時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本テラデータ主催のイベント「Teradata Universe Tokyo 2012」のために来日していた、eBayの分析プラットフォーム担当ディレクター Liang Hu氏にインタビューしました(なお、同氏の講演は私自身の講演が同じ時間帯で入っていたため聞けていません)。

 eBayは日本ですとほとんど存在感がないですが、世界最大のネットオークション会社であり、登録ユーザー数4億5000万人、1日の新規出品数1000万件以上という目もくらむような規模のネット企業です。同社のデータウェアハウスは、商用ではおそらく世界最大、Hadoopも活用しており、まさに「ビッグデータ」の典型と言えるシステムを活用しています。

栗原:まずは、Huさんの職務とバックグラウンドについて教えてください。

Hu:中国にあるeBayオフショア開発センターで分析プラットフォームの担当ディレクターをしています。大学卒業後、IBMなどのいろいろなITベンダーやスタートアップ企業を経験してeBayに入社して8年になります。

栗原:eBayの開発チームは中国に集中しているのですか?

Hu:中国に150名ほどのスタッフがいます。それはグローバルのほぼ半数で、残りは主にカリフォルニアにいます。分析系の開発者の大部分は中国にいます。

栗原:いわゆるデータサイエンティストと呼ばれるタイプの人々も中国にいらっしゃるのですか?

Hu:中国では少数です、多くは米国と欧州に分散しています。

栗原:マシン自体は米国にあるのですよね?

Hu:中国にも開発マシンはありますが、メインのマシンはカリフォルニアとアリゾナにあります。

栗原:eBayは世界最大のデータウェアハウスを運用しているということですが。

Hu:いわゆるエンタープライズ・データウェアハウスのサイズが6ペタバイトくらいです。これとは別にSingularityというプロジェクト名で呼んでいるクリックストリームの分析データベースがあります。これは40ペタバイトくらいです。どちらもTeradataベースです。

栗原:その40ペタバイトというのは生データ量でしょうか?

Hu:ディスク容量です。圧縮がかかっていますから実際のデータ量はもっと多いです。

栗原:これに加えてHadoopも活用していると言うことですね。

Hu:Hadoopは主にイメージやテキストの分析に使っています。Hadoopの分析結果をデータウェアハウス側にフィードしています。また、Cassiniと呼ばれている社内開発のサーチエンジンにも使っています。

栗原:Hadoopを社内で活用してみてどうでしょうか?」

Hu:非常にバグが多いと言わざるを得ませんね(苦笑) eBayではかなりリライトやワークロード管理などの機能追加を行っておりオープンソース・コミュニティへの貢献を行っています。eBayのシステムの最大のポイントはやはり前述のSinguralityです。クリックストリームという非構造化とまでは言えない準構造化データをきわめて効率的に分析できています。SQL+というUDFを追加開発してアドホックな分析に対応しています。」

栗原:一般的にRDBMSはラージオブジェクトでの検索はあまり得意ではないと思うのですが?

Hu:詳細は申し上げられないのですがきわめて効率的に稼働できています。

栗原:少し話を変えて中国における開発者の人材市場についてはどうでしょうか?

Hu:きわめて健全ですね。優秀な人材が数多くいます。eBayでは優秀な学生をインターンとして雇っており、その多くが卒業後に正社員として入社します。新入社員の60%程度がインターン経験者です。

栗原:中国における従業員の離職率についてはどうでしょうか?お話ししにくいのあればあくまで一般論でもよいのですが。

Hu:決して悪くありません。米国、さらには、インドよりも良好と言えるでしょう。また、仮に私のチームのメンバーが転職してスタートアップ企業に参加したとします。それでもLinkedIn等で常にコンタクトを取り、また戻ってくる意思があれば積極的に再雇用しています。もちろん、こちらで欲しくない人材は呼び戻しませんが、欲しい人材が戻ってくるケースは結構あります。

栗原:それは健全な環境と言えますね。ところで、eBayは中国ではあまり存在感がないようですが、その理由は何だとお思いですか?

Hu:『あまり』どころかまったくないと言ってよいですね、その理由は私からはちょっと言えません(笑)。ネットを探せば他の人の分析が見つかるんじゃないでしょうか?ただ、一点だけ申し上げておきたい統計値があります。eBayで米国向けに出品されている商品のおよそ15%は中国からのものです。つまり、eBayは中国経済に十分根付いていると言ってよいと思います。

栗原:本日はどうもありがとうございました。

関連記事:

ZDNet Japan編集部:本稿はブログ「栗原潔のIT弁理士日記」からの転載です。執筆者の栗原潔氏は、株式会社テックバイザージェイピー代表で弁理士。IT分野に特化した知財コンサルティングを提供しています。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]