家電量販店が頭を抱える新型iPadの「入荷量」

大河原克行 2012年03月30日 12時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アップルの新型iPadが好調な売れ行きを示している。

 同社の発表によると、発売からわずか4日間で全世界の出荷台数が300万台を突破。iPad 2の発売3日間で100万台という規模を遥かに上回る実績だ。

入荷量をまったく予測できない量販店

 アップルの直販オンラインサイト「Apple Store」では、依然として2〜3週間待ちの状況が続いており、量販店でも入荷日を特定できないまま予約を受け付けているのが現状だ。

新型iPad発売日にはアップルストア銀座店に大勢の人が行列を作った 新型iPad発売日には大勢の人が行列を作った
※クリックで拡大画像を表示

 ある量販店では、「まったく入荷の予想がつかないというのが実態。全体的には、16GBモデルが比較的潤沢に入荷しているが、それでも16GBモデルが安定的に入荷している状況とはいいにくい」とする。

 全国の主要量販店のPOSデータを集計しているBCNによると、発売3日間の集計でもっとも売れたのはWi-Fi対応の16GBモデルで、全体の約3分の1を占めた。

 だが、これも純粋な人気度を背景にした順位というよりも、量販店への入荷量に左右された部分が大きかったといえる。

 つまり、アップルの供給にWi-Fi対応の16GBが多かったというわけだ。

 また、別の量販店からは「iPad 2の時に比べて入荷量が少なくなっている」という声も出ている。

 BCNの集計でも初期3日間の販売量は、初代iPadを100とした場合、新型iPadの販売指数は63。また、iPad 2を100とした場合には68となり、いずれも6掛け強の販売台数になっているのだ。

 初代iPadは、製品発表当初から日本での発売が米国から約1カ月遅れになることが発表されていたが、結果としては約2カ月遅れでの発売。またiPad 2では、日本での発売は米国から2週間遅れと発表されていたものの、東日本大震災の影響もあって、日本では米国から約1カ月半遅れで発売された経緯がある。つまり、いずれも供給量が比較的安定しはじめてからの日本での発売だったといえる。

 今回の新型iPadでは、日本での発売が3月16日。初めて米国と同じ日に発売された。米国、日本のほかにも、カナダ、英国、オーストラリア、フランス、ドイツ、香港、シンガポール、スイスで同時に発売。さらに、その1週間後となる3月23日からは、さらに25カ国で追加発売されたということもあり、日本への割り当て分には関しては、これまでのiPadとは状況が違うという見方もできるだろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算