Oracle Open World Tokyoが開幕、テクノロジー色強い

怒賀新也 (編集部)

2012-04-04 15:50

 日本オラクルは4月4日、東京・六本木ヒルズを中心に3日間にわたるユーザーカンファレンス「Oracle Open World Tokyo 2012」を開幕させた。JavaOne Tokyo 2012も同日から2日間の予定で開催する。初日から、IaaS(Infrastructure as a service)型クラウド構築のためのソフトウェアパフォーマンス管理の新製品 を発表。基調講演でも、来日した米Oracleのプレジデント、マーク・ハード氏が「データの爆発的増加とIT環境の単純化」を強調するなど、テクノロジー色が強い印象だ。

米Oracleのシステムズ担当上級副社長、ジョン・ファウラー氏
米Oracleのシステムズ担当上級副社長、ジョン・ファウラー氏

 4日の基調講演は「ENGINEERED FOR INNOVATION 技術の融合が世界を変える」をテーマに、マーク・ハード氏に加え、米Oracleのシステムズ担当上級副社長、ジョン・ファウラー氏、同チーフコーポレートアーキテクトのエドワード・スクリーベン氏が登壇。経営層の意思決定におけるビジネスアナリティクスの重要性や、Sun買収後も製品開発を続け、ソフトウェアとハードウェアを融合したことによるオラクル製品の処理の高速さなどをアピールした。

 基調講演後の記者会見では、スクリーベン氏がオラクルによるクラウド環境「Oracle Public Cloud」に触れ、アプリケーションやプラットフォームに加え「ミドルウェア領域でもクラウドサービスを提供していく」と話している。また、初日の最終セッションには「日本の歩む道」をテーマに、元首相の小泉純一郎氏が登場する。

チーフコーポレートアーキテクトのエドワード・スクリーベン氏
チーフコーポレートアーキテクトのエドワード・スクリーベン氏

 5日の基調講演には米Oracleのラリー・エリソンCEOが登場する。残念ながら、来日はしているものの遠隔地からのサテライト講演になる予定だ。講演テーマは「Extreme Innovation」。

 最終日の6日の基調講演には、米Oracleのシニアバイスプレジデント、アンソニー・ライ氏が、先日日本でもリリースした「Oracle Fusion Applications」とそのクラウド提供について話す予定になっている。

 Oracleが買収した、PeopleSoft、JDEdwards、Siebel Systemsなどのアプリケーションベンダーの製品ラインから「いいとこ取り」をして製品化したのがFusion Applications。「2008年にリリースする」とした当初の宣言から時間が経過した今、アプリケーションとしての出来栄えやユーザーにとっての利用価値などを確認したい。クラウド経由での提供についても、詳細が気になるところだ。

 セッション数は合計で173。JavaOneも53と多数に上る。買収戦略によりOracleの製品ラインは多岐にわたっており、企業向けITの動向をつかむ上では参考になるイベントといえる。ZDNet Japanでは特集「Oracle Open World Tokyo 2012」でイベントの模様を伝えていく。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]