ソーシャルメディアが持つ企業ITへのインパクト--アクセンチュア提言 - (page 2)

大西高弘 (NO BUDGET)

2012-07-27 16:29

 Accenture Technology Vision 2012では、キートレンドごとに企業が取り組むべき施策が提示されている。共通しているのは、IT部門が課題を明確にし、整理した上で、各業務部門と密接な連携をし、あらゆる施策でイニシアティブを取っていく必要性だ。

 「IT部門がデータの持ち主、活用の主役という時代は去りつつあるかもしれない。しかし同時にIT部門が先進技術の活用をテコに、新しいビジネス創出の主役となる時代となったのではないか」と沼畑氏は話す。

 ただし、データの分析、活用には高い専門性が必要となるケースも出てくる。自社のスタッフとしてそうしたエキスパートを採用すると同時に、外部機関を活用して能力を補完し、迅速な施策の実行を図ることが大切だと沼畑氏は指摘する。

 いずれにせよ、「ラジオが38年、テレビが13年かかった5000万人ユーザーの獲得をFacebookは4年で実現した」と沼畑氏が指摘するように、すさまじい勢いで伸長するSNSがビジネスに与えるインパクトは大きい。SNSの浸透が企業のIT施策の隅々にまで影響していることをAccenture Technology Vision 2012は示しているといえる。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]