編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

インフォテリア、MDMソフトとコンサルをセットで--大規模ERPの課題に対応

田中好伸 (編集部)

2012-09-14 17:48

 インフォテリアは9月14日、マスタデータ管理(MDM)での課題を解決するためのソフトウェアとコンサルティングサービスで構成される「ASTERIA MDM One Suite」の販売を開始した。

 大規模な統合基幹業務システム(ERP)を稼働させている企業は、外部企業との連携、M&A、海外展開、クラウドの進展などさまざまな経営環境の変化から、ERPとほかのさまざまなシステムとのマスタデータの連携、統合、管理が喫緊の課題と指摘されている。今回のASTERIA MDM One Suiteはそうした課題を解決するものと説明している。

 ASTERIA MDM One Suiteは、MDMをERPから独立させ、標準化できる部分でパッケージソフトを適用し、データを分散することに伴って発生する課題を迅速かつ低コストで解決できるとメリットを強調している。MDMの適用範囲の明確化からシステムの実装、将来的な拡張性への配慮など包括的にカバーするためのソフトウェアとコンサルティングサービスで構成される。具体的内容は以下の通り。

  • ASTERIA MDM One MH:複数のシステム間でマスタデータを連携
  • ASTERIA MDM One MI:マスタデータの登録変更プロセスなどを統合管理
  • ASTERIA WARP:マスタデータを各種システムやビジネスプロセスと連携
  • ASTERIA WARP アダプタ各種:ASTERIA WARPと各システムを連携
  • 導入コンサルティングサービス

 ASTERIA WARP アダプタ各種や導入コンサルティングサービスはインフォテリアのパートナー企業から提供される。価格は個別見積もりだが、2000万円から提供される。

構成 ASTERIA MDM One Suiteの構成

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]