編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

スタイライフ、ECサイトと決済システムの連携に「ASTERIA WARP」を採用--3日の短期間で構築

ZDNet Japan Staff

2010-05-07 13:39

 住商情報システム(SCS)とインフォテリアは5月7日、スタイライフが運営するECサイトと外部決済システムとの連携に、インフォテリアの「ASTERIA WARP」を採用したと発表した。同製品により、通常はスクラッチ開発のため開発期間に1カ月を要するところ、3日でECサイト連携を実現したという。

 スタイライフは、ファッション系ECサイト「Stylife」を中核としてPC、携帯電話向けに多数のECサイトを展開している。今回、同社では顧客の利便性と購入率の向上のため外部決済サービスとして、会員サービスと決済手法の双方を取り入れることができる「楽天あんしん支払いサービス」の採用を決定した。また、ECサイトと同システムの連携開発にあたっては、EDI/EAI分野で実績があり、サポート体制も充実している点でSCSを選択したという。

 ASTERIA WARPでは、スクラッチ開発の必要がなく、GUIによる設定だけでデータ連携が可能だ。ECサイトで商品を購入するユーザーが、決済方法を選択したタイミングでショッピングカートに含まれる商品の情報をXMLデータ化し、楽天あんしん支払いサービスへ連携するという。同連携システムの導入により、同サービス経由での購入者が目標の150%を達成し、売上向上に大きく貢献したとしている。また、楽天あんしん支払いサービスを利用したユーザーのうち、約7割が新規顧客であり、新たな顧客層へのアプローチという目的が達成されたとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]