編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

「Windows Phone 8」--さまざまなビジネス向け機能を搭載したスマートフォンOS

Ben Woods (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2012-11-09 07:30

 「Windows Phone 8」は、企業(その規模は問わない)に対して何をもたらすのだろうか?本記事では、このスマートフォンOSが搭載しているビジネス向けの重要な機能を紹介する。

 MicrosoftはWindows Phone 8を成功させ、スマートフォン分野における足場を強固なものにする必要がある。このため同OSには、「iOS」搭載機器や「Android」搭載機器との戦いを有利に進めることを狙った、数々のビジネス向け機能が搭載されている。

「Office」と「Windows 8」

 おそらくMicrosoftのプラットフォームが持つ最大の強みは、タッチフレンドリーなデスクトップOSの存在と、「Office」をはじめとする従来からあるエンタープライズ向けアプリとの連携機能であり、そのことはWindows Phone 8でも同じである。

 Windows Phone 8携帯にはすべて、「Word」や「Excel」「OneNote」「PowerPoint」を含むOfficeの広告なしバージョンが搭載されている(ただし、「Access」のようなアプリは搭載されていない)。これは、新たなデバイスにあらかじめインストールされてくる無料の「入門版」Officeのようなものと考えるとよいだろう(ただし広告は表示されない)。

 MicrosoftのOfficeスイートにはここ数カ月で著しい改良が施されており、「Office 365」の導入により「Office Mobile」でのクラウド同期が可能になったため、ドキュメントの編集や、重要なPowerPointプレゼンテーションに対する本番直前の追加を自動的に他のデバイス上に同期できるようになった。

 英国においてWindows Phone 8のテクニカルサービスプロフェッショナル部門の責任者を務めるRichard Warren氏は、同OSの発表時に米ZDNetに対して「これは、どのデバイスを使うことになるかではなく、ユーザー自身とそのデータについての話だ」と語るとともに、「これはPC版と等価なバイナリ、すなわち同じコードを使用しているため、フォーマット関連で面倒なことが起こる心配はなく、われわれがここで見ているPowerPointのプレゼンテーションとまったく同じものを携帯の画面上で見ることができる。また、クラウドに接続していれば、そういったコンテンツすべてを同期させることもできる」と語っている。


 コンテンツを双方向で同期する機能に加え、ブックマークもサポートされているため、ドキュメントの編集途中で自宅やオフィスを離れる必要が生じても、中断した箇所を携帯上で正確に見付けることができる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]