編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

業務プロセスをソーシャルに--SAPがSaaSで新サービス

田中好伸 (編集部)

2012-11-19 16:38

 SAPジャパンは11月19日、ソーシャルメディアを業務に活用するための新製品「SAP Jam」と「SAP Social OnDemand」の販売を開始した。SaaSで提供される。2月に買収を完了したSuccessFactorsの技術を活用している。

 Jamは、Facebookのようなソーシャル機能を業務アプリケーションや日常の業務プロセスに組み込み、コミュニケーションを円滑に進めるための社内用コラボレーションソフトウェア。企業向けソーシャルネットワーキング「SuccessFactors Jam」とソーシャルワークフローなどに対応する企業向けSNS「SAP StreamWork」を同じプラットフォーム上に統合し、新機能を追加している。

 Jamは営業や財務、人事などさまざまな業務部門を対象に、企業ニーズに応えることで、リアルタイムかつ状況に応じて社内や外出先でのコラボレーションをサポートするという。組織でのコミュニケーションの利便性を高め、データやコンテンツ、プロセスなどを利用してコラボレーション可能で、問題解決や意思決定、業績向上を効果的に展開できるとメリットを説明する。SuccessFactorsが提供するSaaS型のタレント管理ソフトウェア群「SuccessFactors Business Execution(BizX)」やパッケージソフトウェア版の「SAP Customer Relationship Management(CRM)」とも連携できる。

 Social OnDemandは、TwitterやFacebookといったソーシャルメディアを通じて、顧客からの声を聞き、双方向のコミュニケーションの向上を実現できるという。ソーシャルメディアに関する優先順位の決定やコミュニケーションに関するプロセスを簡素化し、重要なビジネストレンドに焦点をあわせることで、分析に基づくアクションが可能になると説明する。

 リアルタイムでのモニタリングや問題解決、エスカレーション対応で、ソーシャルメディア上の影響範囲やほかの業務システムの顧客データなど、投稿者のプロファイルに基づいて、必要とされる顧客への対応を見落とすことなく、適切に対応可能になるという。社内で稼働させている顧客情報管理システム(CRM)や既存のデータナレッジとの統合機能で、顧客サービスを活用して、マーケティングを向上させられるとメリットを強調している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]