編集部からのお知らせ
オススメ記事選集PDF:「ジョブ型」へのシフト
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

少ないIT予算と公共性を両立させる--セサミワークショップ ブロードウォーターCTO

冨田秀継 (編集部)

2012-12-20 22:13


 子ども達に人気のテレビ番組『セサミストリート』を知らない人はいないだろう。

 しかし、セサミストリートの制作を手がけている教育組織「セサミワークショップ」が、“非営利”で運営されていることはご存じだろうか。

 多くの子ども達がセサミストリートのウェブサイトにアクセスし、音楽やビデオ、そしてゲームを楽しんでいる(アクセスするとエルモが話し始めるのでご注意ください)。その規模は1日あたり200万ページビューだ。

 巨大なメディアサイトではあるが、規模に見合った予算でサイトを運営できない事情もあった。コンテンツと親和性の高いおもちゃや洋服などをネットで販売するのも手だが、あくまでも「すべての子ども達にエンターテイメントを届ける」ことがミッションであるため、営利を追求することができない。また、対象は「すべての子ども達」である。有料課金やユーザー登録制のようなサブスクリプション型サイトの運営にも障壁があった。

 おこづかいが少ないからビデオが見られない、貧しいからサイトでゲームを遊べない——そうさせてしまうサイトになってはいけない。

 少ないIT予算と公共性を両立させる必要があったのだ。

 各界のエグゼクティブに価値創造のヒントを聞く連載「ZDNet Japan トップインタビュー」。今回はセサミワークショップのバイスプレジデントで、最高技術責任者(CTO)を務めるノア・ブロードウォーター氏に話を聞いた。

セサミワークショップCTOのノア・ブロードウォーター氏
セサミワークショップCTOのノア・ブロードウォーター氏

エンタープライズレベルのコミュニティ

 ブロードウォーター氏は、手持ちのIT予算とサイト規模の拡大を両立させるため、オープンソースソフトウェア(OSS)の活用を検討。採用したのがOSSベースのエンタープライズポータル製品「Liferay」だった。

 安価であることを理由にOSSを採用すると、酷い目に遭うことがある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]