編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

JT、統合IT基盤にMS製品を全面採用--Oracle DBからSQL Serverに移行

田中好伸 (編集部)

2012-12-27 15:38

 日本たばこ産業(JT)はグローバルな統合IT基盤としてマイクロソフト製品を全面的に採用している。日本マイクロソフトが12月27日に発表した。

 JTはタバコや医薬、食品が中核事業、2012年3月期の売上高は2兆338億円。関係会社19社を抱え、連結での従業員数は約4万9000人。120の国と地域で事業を展開している。

 グローバルで事業を展開するJTでは、成長と国際規模での競争力を強化するために「グローバル化する従業員間のコミュニケーション環境の向上」「災害時の事業継続性の確保」「各国の市場ニーズを的確かつ迅速に捉えるビジネスインテリジェンス(BI)環境」の実現を目指していた。

 同社では、マイクロソフトの世界での導入実績や共通のサポート体制、技術の標準化でのコスト削減効果などを決め手にマイクロソフト製品の採用を決めている。クライアントPCではOSに「Windows 7 Enterprise」、オフィスソフトウェアに「Office Professional Plus 2010」に統一している。

 コミュニケーションや業務データを一元管理するために、情報やナレッジを共有できるプラットフォームとして「Exchange Server 2010」「SharePoint Server 2010」「Lync Server 2010」を採用している。Exchange Server 2010ではメールとスケジュール、SharePoint Server 2010では情報共有と検索、Lync Server 2010でリアルタイムコミュニケーションの各機能を担っている。ユーザー認証などの共通基盤では「Windows Server 2008 R2」、データベースには「SQL Server 2008 R2」を採用している。

 クライアントPCのOSとして現在「Windows 8」を検証しているところだ。コミュニケーション基盤として「SharePoint Server 2013」やLync Serverのエンタープライズボイス機能も現在検証を進め、「SQL Server 2012」も検証中という。

 JTは以前社内標準のデータベースを「Oracle Database」にしていた。だが、コストの高さが課題となっていた。Oracle DBをベースに自社開発のDBを各部署に導入していた。年々ライセンス料をはじめとしたコストがかかる上に、スクラッチ開発のシステムでは、市場ニーズに追いつくことが難しかったと説明している。

 同社は2009年からマイクロソフト製品の情報系基盤を標準とする統合IT基盤の構築を進めており、その中で業務DBも検討を進めている。SQL Serverをミッションクリティカルなシステムに導入することを疑問視する向きもあったが、評価と検証の結果として社内標準のDBをSQL Serverに統一していることを2010年10月に決めている。

 SQL Serverへの移行では、移行影響評価サービス「Oracleマイグレーションアセスメントサービス」と包括ライセンス契約「Enrollment for Application Platform(EAP)」が役立ったとしている。SQL ServerにはもともとETLツールやBIツールなどが標準機能として提供されている。EAPと組み合わせることで、コストを抑えられるとメリットを説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]