編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

グループウェア「desknet's NEO」に小規模向け--競合からの乗り換えで7割引

田中好伸 (編集部)

2013-02-27 13:59

 ネオジャパンはグループウェア「desknet's NEO」の小中規模向けパッケージ版(スモールライセンス)の販売を2月26日から開始した。大規模向けパッケージ(エンタープライズライセンス)は2012年12月から提供している。

 desknet's NEOは2002年から提供している「desknet's」の後継製品。現在、標準化が進みつつある「HTML5」をインターフェースに全面的に採用している。エンタープライズライセンスは100~数万ユーザー、スモールライセンスは5~300ユーザーを対象にしている。

 今回のスモールライセンスでは、エンタープライズライセンスと同様にすべての機能を標準で提供する。これまで小規模向けと大規模向けでは仕様が異なり、提供される機能も異なっていたが、今回からはすべての仕様を統一して、エンタープライズライセンスとまったく同じ機能をスモールライセンスでも提供している。

 スモールライセンスの提供にあわせて、desknet's NEOのスケジュールを「iPhone」のカレンダーや「Googleカレンダー」に取り込めるアドオンを提供する。スマートフォンの普及を受けて、スケジュール管理を強化するためと説明している。これまでスマートフォンに対応するアドオンは有料で提供されていたが、今回は無料で提供する。

 desknet'sからdesknet's NEOにアップグレードするためのデータ移行ツールも無料で提供する。中小向けのdesknet'sからスモールライセンス、desknet'sの中堅向けのMiddle Editionと大規模向けのEnterprise Editionはエンタープライズライセンスに移行できる。

 スモールライセンスの提供にあわせて「Lotus Notes」「Exchange Server」「サイボウズOffice」「サイボウズガルーン」といった競合製品から乗り換えると、7割引の価格で購入できる施策を展開している。通常の新規ライセンスは50ユーザーで19万8000円だが、乗り換えだと50ユーザーで5万9400円となっている(どちらも税別)。

 ネオジャパンは、2014年3月末までにdesknet's NEOについて1万社100万ユーザーの導入を目指している。同社代表取締役社長の齋藤晶議氏はこの目標について「堅めの目標」と表現している。現在のdesknet'sは3万社300万ユーザーであることを踏まえて、この目標はクリアできるだろうと見通している。今回の価格面での施策は、こうした目標に到達するためのものであると見て取れる。


スマートフォン版の画面

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]