編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ANAグループ、全従業員向けに「Google Apps」導入--約5万人が活用

田中好伸 (編集部)

2013-03-06 16:30

 全日本空輸(ANA)グループは全従業員向けにSaaS「Google Apps for Business」を導入する。IDの数は4万9000。Google Appsをクラウドサービスブランド「ホワイトクラウド」で提供しているソフトバンクテレコムが3月6日に発表した。

 2013年4月に持ち株会社化を計画しているANAグループは、既存のメールシステムを自社構築からクラウドへの刷新を検討。大容量のメールシステム、リアルタイムで文書の共有や編集、簡易に意思疎通がすぐに図れるコミュニケーションツールなどが最適と判断し、Google Appsを評価している。4月から利用を開始する。

 Google Appsは「Google Chrome」をインストールするだけでさまざまな機能を利用できる。既存のメールクライアントソフトウェアのようなバージョン管理の工数を削減できることも評価。基本的なメールやそのほかの機能の利用方法が、個人向け市場で先行して広く利用されていることで、すぐに利用できることも導入の要因と説明している。

 ANAは2011年10月から全客室乗務員6000人にiPadを配布している。

 ソフトバンクテレコムは、自らGoogle Appsのユーザーとして培ってきたノウハウや経験に基づいて策定した移行手順をベースに設計、構築から導入、運用までを一貫した支援体制で、システムの移行をスムーズに実現したと説明。安定的なネットワークの運用実績、データトラフィックの傾向を細部にわたって分析することで、移行に最適なシステム全体のネットワークサイジングを提案したことも評価されたと説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]