クラウドへの移行--何を押さえておけばいい? - (page 3)

Krishan Sharma (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章

2013-03-18 07:30

クラウドは、テクノロジだけでなくビジネスと文化にも変化をもたらす

 従来の考え方やプロセス、リソース、監視ツール、バックアップ、コンフィギュレーション管理、ライセンス管理、利用可能性といったものが、クラウドでもそのまま適用できると考えてはいけない。ほとんどの場合、こういったものは機動的かつサービス指向のアプローチを採れるようにするための変革が必要となる。

 このことは、これまでソフトウェア開発に従事していた社内のITチームや、基礎となるインフラの保守を担当していたシステム管理者が、クラウド時代に適した新たなスキルを学ばなければならないということも意味している。クラウドに移行してもこうした人材が必要なのは確かだが、彼らの一部はサポートやメンテナンスに移行する必要があり、従来のサポートエンジニアは製品マネジメントやプロジェクトマネジメントといった役割をこなしていく必要があるだろう。

 このため、移行当初から社内のITチームに関与してもらい、新たなサービスの運用方法や、クラウドが彼らのキャリアや、会社における価値にどのような影響を及ぼすのかを理解してもらってほしい。詰まるところ、クラウドを最も利用する顧客は彼らITチームとなるはずなのだ。

 こういったプロセスには、クラウド管理者の新規雇用も含まれている。ここで筆者からの最後のアドバイスに移りたい。

クラウド指向コンサルタント企業と提携関係を結んだり、クラウド管理者を雇用する

 移行プロセスを推進していくうえで、クラウド分野で実績のあるコンサルタント会社と提携関係を結んだり、専任のクラウド管理者を雇用したりして、上級マネジメントや社内のITチームに対するコーチ役を務めてもらうのも重要だ。クラウドに対してインフラという従来の観点からのアプローチではなく、サービスという観点からのアプローチを採る開発者やアーキテクトを確保しておくことで、クラウドへの移行を大きく前進させられるだろう。

 こういった役割が、IaaSを提供するプロバイダーのものであるという前提は置かないようにしてほしい。また、クラウドの提供するすべての可能性をあなたが理解できているとも考えないようにしてほしい。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]