クラウドへの移行--何を押さえておけばいい?

Krishan Sharma (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章 2013年03月18日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本記事では、クラウドへの移行を考えている企業に向けて重要なアドバイスを提供する。

 クラウドへの移行を決めたのであれば、会社としてはそのメリットである自動化やスケーラビリティ、コスト節減を最大限に生かしたいと考えているはずだ。

 とは言うものの、クラウドへの移行を開始するにあたって、どういったことを押さえておく必要があるのだろうか?

パブリッククラウドvsプライベートクラウドvsハイブリッドクラウド

 あなたの会社が比較的繰り返しの多い、あるいはそれほど複雑ではない作業からなる一般的なサービスを提供しているのであれば、サードパーティーが管理するパブリッククラウドへ移行し、インフラの重荷から解放されるのが優れた判断と考えられるはずだ。

 一方、あなたの会社がガバナンスやセキュリティ、コンプライアンスといった点を重視しており、機密性の高いデータを取り扱うアプリケーションを使用しているのであれば、管理されたプライベートクラウドという選択肢を選ぶことになるだろう。

 そして、あなたの会社が自社向けにカスタマイズされた内製のアプリケーションと、一般的なアプリケーションを混在させている大企業なのであれば、既に自社データセンターなどの基礎インフラに対してかなりの投資を行っているはずだ。そのような場合でも、クラウドへの移行によってこれまでの投資が無駄になってしまうとは限らない。

 ハイブリッドクラウドモデルを採用することで、パブリッククラウドによる自動化という恩恵を受けながら、プライベートクラウドによるセキュリティ面やプライバシー面での利点を得られるようになる。また、既存のデータセンター内でカスタムアプリケーションを実行しながら、パブリッククラウド内にある複数のSaaSアプリケーションのメリットを引き出せるようにもなる。

 大企業向けのクラウドモデルとして検討に値するものは数多くある一方で、万能の選択肢などないということを知っておくのは重要だ。また、クラウドがITの成熟を促す触媒として作用する場合もしばしばある。このことはIaaS、すなわちクラウドの使用を検討する前に自社のプロセスを理解しておく必要があるという意味を持っている。ここから次のアドバイスにつながっていく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算