クラウドへの移行--何を押さえておけばいい?

Krishan Sharma (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 村上雅章

2013-03-18 07:30

 本記事では、クラウドへの移行を考えている企業に向けて重要なアドバイスを提供する。

 クラウドへの移行を決めたのであれば、会社としてはそのメリットである自動化やスケーラビリティ、コスト節減を最大限に生かしたいと考えているはずだ。

 とは言うものの、クラウドへの移行を開始するにあたって、どういったことを押さえておく必要があるのだろうか?

パブリッククラウドvsプライベートクラウドvsハイブリッドクラウド

 あなたの会社が比較的繰り返しの多い、あるいはそれほど複雑ではない作業からなる一般的なサービスを提供しているのであれば、サードパーティーが管理するパブリッククラウドへ移行し、インフラの重荷から解放されるのが優れた判断と考えられるはずだ。

 一方、あなたの会社がガバナンスやセキュリティ、コンプライアンスといった点を重視しており、機密性の高いデータを取り扱うアプリケーションを使用しているのであれば、管理されたプライベートクラウドという選択肢を選ぶことになるだろう。

 そして、あなたの会社が自社向けにカスタマイズされた内製のアプリケーションと、一般的なアプリケーションを混在させている大企業なのであれば、既に自社データセンターなどの基礎インフラに対してかなりの投資を行っているはずだ。そのような場合でも、クラウドへの移行によってこれまでの投資が無駄になってしまうとは限らない。

 ハイブリッドクラウドモデルを採用することで、パブリッククラウドによる自動化という恩恵を受けながら、プライベートクラウドによるセキュリティ面やプライバシー面での利点を得られるようになる。また、既存のデータセンター内でカスタムアプリケーションを実行しながら、パブリッククラウド内にある複数のSaaSアプリケーションのメリットを引き出せるようにもなる。

 大企業向けのクラウドモデルとして検討に値するものは数多くある一方で、万能の選択肢などないということを知っておくのは重要だ。また、クラウドがITの成熟を促す触媒として作用する場合もしばしばある。このことはIaaS、すなわちクラウドの使用を検討する前に自社のプロセスを理解しておく必要があるという意味を持っている。ここから次のアドバイスにつながっていく。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]