編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

NICT、サイバー攻撃統合分析システム「NIRVANA改」開発--リアルタイムに警告

田中好伸 (編集部)

2013-06-10 15:10

 独立行政法人の情報通信研究機構(NICT)は6月10日、組織内ネットワークで通信状況とサイバー攻撃の警告を統合的に視覚で分析できるシステム「NIRVANA改」を開発したことを発表した。大規模ネットワークの管理を支援するネットワークリアルタイム可視化システム「NIRVANA」にセキュリティ分析機能を追加した。

 NIRVANA(NIcter Real-network Visual ANAlyzer)は、ネットワーク境界の内側を流れる通信をリアルタイムに観測するシステム。NIRVANA改は、NIRVANAにセキュリティ分析機能を追加、加えてファイアウォールや不正侵入検知システム(IPS)などの各種セキュリティ検知、防御システムからの警告を集約、可視化している。

 NIRVANA改では、リアルタイムに可視化された組織内ネットワークの中から、サイバー攻撃に関連した異常な通信を検知し、その通信の送信元の直上にアラートを表示する。組織内ネットワークはアドレスブロック単位からIPアドレス単位の表示まで柔軟に変更可能であり、シームレスにドリルダウンして分析できるという。

 NIRVANA改は6月12~14日に千葉・幕張メッセで開催される展示会「Interop Tokyo 2013」のShowNetに導入される。リアルタイムのデモを見ることができる。NICTは、インシデント分析システム「nicter」をベースに、サイバー攻撃システム「DAEDALUS(ダイダロス)」も開発している。


NIRVANA改の可視化画面(俯瞰図):球体がネット全体を、中央パネルが組織内ネットワークを表現している

NIRVANA改の可視化画面(拡大図):各種セキュリティ検知、防御システムからのアラートを統合して表示している

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]