組織の透明力

統制から開放へ--情報システムの役割が変わる

斉藤徹(ループス・コミュニケーションズ) 2013年07月08日 10時45分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

情報戦を制するもの、ビジネスを制する

 未来学者Alvin Toffler(アルビン・トフラー)は「暴力、富、知識」の三つをパワーの源泉と説いた。歴史上の支配者は、いずれもこの三つの力を組み合わせて強制力を高め、その地位を維持してきた。中でも重要性が増しているのが第三の力である「知識」、その基礎となる「情報」だ。

 現代は、まさに情報戦争の時代となった。サイバー戦争などその典型だろう。インターネットが国家間の新たな戦場となり、私企業までも巻き込んで深刻な脅威となりつつある。局地戦においても、戦闘機や艦船の戦闘能力より、イージス戦闘システムやステルス性能が戦いの行方を左右するようになった。歩兵レベルの情報武装もさかんに研究されている。ウェアラブル装置で建物の構造や敵の位置などを把握し、チーム間で連絡をとりあいながら、センサシステムで暗闇を進む。それが近未来の兵士像だ。総力戦から局地戦、戦闘現場にいたるまで、情報武装が死活的に重要となったのだ。

 目的は大きく異なるが、情報活用が生死をわける決め手となるのは産業界も同様だ。コンピュータや通信の進化によって、企業間競争は情報戦の様相を呈している。特に、昨今のインターネット、モバイル、ソーシャルメディアの爆発的な普及は、人類が生みだす情報量の常識を大きく塗りかえた。

人類史における情報量の変化 (出典 :「情報爆発のこれまでとこれから」電子情報通信学会誌 Vol.94 No8 2011)
人類史における情報量の変化 (出典 :「情報爆発のこれまでとこれから」電子情報通信学会誌 Vol.94 No8 2011)

 この図は、人類史における情報量の変化を表したものだ。1999年までに人類が数万年かけて蓄積してきた情報量の合計が12エクサバイト(10の18乗バイト)。それに対して、2011年に発生した情報量は1.8ゼッタバイト(10の21乗バイト)だ。簡単に言うと、インターネット登場前に人類が蓄積した全情報量が、今の1日分に匹敵する。これが「ビッグデータ」の正体だ。

 コマース業者間の争いなど情報戦争そのものだ。大手オンライン小売業者は1時間刻み、場合によっては分刻みで価格を変動させている。価格変更ソフトを提供しているMercentによると、同社ソフトウェアによって1時間あたり200万回の価格変更があるという。「このインターネット時代に、固定された価格は過去の産物だ」とWashington大学Oren Etzioni(オレン・エチオーニ)教授は語る。

情報システム部門、その理想と現実

 リアルタイムな情報戦を制するためには、一部の戦略組織が情報武装するだけでは不十分だ。生活者が発信する情報を、現場の社員たちがキャッチし、自らの判断で臨機応変な行動をとれること。最前線の現場である顧客接点こそ、企業にとって最も重要な場となってきた。

 現場社員に対して、必要十分な情報を提供し、彼らを後方から支援しなければいけない。それを実現するための情報プラットフォームを構築すること。そんな役目を担う戦略的な組織こそ情報システム部門だ。

 しかしながら、情報システム部門の現実は厳しい。日本情報システム・ユーザー協会(JUAS)の「企業IT動向調査2011」によると、情報システム部門に求められている能力、それに対して現状保有している能力、それぞれの自己評価には大きな格差があることがわかった。

情報システム部員に必要な能力とその現状 (出典 : 経企部門が吐露する「システム部門への不満」)
情報システム部員に必要な能力とその現状(出典 : 経企部門が吐露する「システム部門への不満」)

 青色の線が「理想」、それに対して紺色の線が「現実」をあらわしている。今、情報システム部門には「IT戦略策定・IT企画」や「業務システムの改善提案」が求められているにもかかわらず、現実には現行システムのお守りで精一杯だ。慢性的な人手不足に加え、ソーシャルやモバイルなどの最新テクノロジとも縁遠い。これが情シスの理想と現実と言えるだろう。

 企業にとって、昔は古き良き時代だった。企業がコンピュータを独占し、生活者に対して圧倒的な情報優位を誇っていた。しかしパソコンやインターネットの登場で状況は一変する。生活者優位の時代だ。ソーシャルメディアとモバイルの普及がさらに追い打ちをかける。Google、YouTube、Facebook、Twitter、Dropbox、Evernote。今や、生活者が日常的に活用する情報インフラは、イントラシステムの能力を遥かに凌駕している。

 生活者から見ると、企業のイントラはもはやクラシックの世界だ。いまだに「Internet Exploler 6.0」を使い続け、FacebookやGmailも使用できないことも珍しくない--企業の中に入った途端、古臭いデザインの画面があらわれ、スマホやネット利用にも制約がかかる。自宅より業務効率が落ちることも珍しくない。統制とリスク管理が、生産性や創造性よりも優先された世界。そこでどうイノベーションを生み出せと言うのか。これが情報システム部門に向けられた、一般社員の偽らざる気持ちだろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算