エリック松永のメディア・デモクラシー講座

「テレビ番組制作の黄金時代」からこれからのメディアの価値を再考する

松永 エリック・匡史(プライスウォーターハウスクーパース) 2013年08月09日 18時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

どうメディア業界を盛り上げていけばいいのか

「メディアデモクラシー講座」筆者のエリック松永氏
「メディアデモクラシー講座」筆者のエリック松永氏

 現在メディア業界はインターネットの盛り上がりとは逆行し縮小傾向にあります。これは、無料動画サイト、無料音楽サービス、定額聴き放題サービス等を通して、メディアのコンテンツが安価でかつ即入手できる状況を考えると異常な事態です。観たい、聴きたいコンテンツが周りにいくらでもあるのに手が出ないお金を払わない、それは何故なのでしょうか?

 最新の技術動向を追いかけるのを少し休み、そもそも過去、メディア業界が元気だった頃、なぜ皆がドキドキ、ワクワクと夢中になってコンテンツを追いかけていたのかを考えましょう。ということで、当時のキーマンをゲストにお招きし、インタビューを実施しました。

 今回は独立系映像制作のパイオニアであるテレビマンユニオンで数々の名作をプロデュースした碓井上智大学教授をお招きしています。

“ワクワク”する権利を奪われてしまった--現在のテレビメディアの課題

エリック松永 まず、あえてメディアデモクラシーという言葉を使わせていただきます。わたしが提唱するメディアデモクラシーとは、インターネット時代になり、映画、音楽、ドラマなどのコンテンツがテレビだけではなくタブレット、スマートフォンの中で氾濫するなか、なぜかわれわれはワクワクしてコンテンツを追いかけることが極端に少なくなってしまったように感じるのです。

 ワクワクはコンテンツへの欲求の重要な部分で、購買にも直結する。だからこそ、もう一度ワクワクするために過去からなぜわれわれがワクワクしたかを棚卸しし学ぶ。そして勿論そのままの形ではなく、それを現代の環境に再現する。そうすることでワクワクを取り戻し市場を活性化する。今こそメディアデモクラシーが業界に必要だと至ってシンプルに考えています。

テレビは、かつて圧倒的なトップメディアだった

名作と呼ばれる数々のテレビ番組をプロデュースした碓井上智大学教授
名作と呼ばれる数々のテレビ番組をプロデュースした碓井上智大学教授

碓井氏 メディアデモクラシー、大変興味深い考え方と思います。わたしもワクワクの気持ちが今の時代に欠けてきていると肌で感じてきました。実は、わたしになりにどうしてそうなってしまったのか考えたことがありました。

 わたしはテレビを軸に活動してきましたが、テレビ放送が始まって今年でちょうど60年です。ただ、古いか新しいかで言えば、写真が200年、映画が100年なので、ようやくテレビというメディアが一人前になりつつあるのかなととらえたいです。だが、一方で60歳をすぎもう還暦、あとは衰退あるのみだという人もいます。

 いずれにせよ、60年たってテレビというものが世に出た当初とはだいぶカタチが違ってきています。特に、ここ10年、もっとつめればこの5年くらいで大きな変化が起こってきていると考えています。

 時系列に考えてみると、テレビというメディアが1953年にスタートしたころは、映画という大きなメディアがそこにありました。毎週新作を見に映画館へ通っていたところにテレビが入ってきて、家庭で番組を視聴できるようになった。そして、あれよあれよという間にテレビが映画を追い抜き、あっという間に主役に躍り出ました。つまりここで、主役は映画からテレビへ、という世代交代が起こったわけです。

 そういう意味では、現在は、長い間お茶の間のメディア王として君臨してきたテレビの位置付けが変わってきたということなのかもしれないです。いままで圧倒的なトップ、主役だったテレビが、デジタルメディアの一員、いうなれば大勢の中のひとつ、one of themになってきているのではないでしょうか。

 ただし、わたしはこれを悪いことだとは思っていません。テレビ産業、放送産業という側からみれば売上低下、視聴者のテレビ離れというのは切実な問題としてあるとは思います。問題は、「テレビはデジタルメディアの一員になった」という事実を業界は認識せずに、60年前と同じビジネスモデルを続けてきたということです。

 まさに、今そのツケが出てきているのではないでしょうか。重要なのは、「今のリアルな現実をきちんと見ましょうよ」ということと、「テレビというメディアが持っている原点を振り返りもう一度話し合いませんか」ということだと思います。

 かつては(業界に)元気がありました。特に草創期にはフロンティアとしての活気と面白さがありました。放送開始60年をきっかけに、デモクラシーという意味で視聴者と制作者の双方が、もう一度テレビというメディアを使って、ゼロから新しいことをやり始めるべきではないでしょうか。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化