編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
エリック松永のメディア・デモクラシー講座

OTTは「限界を超える」か

松永 エリック・匡史(プライスウォーターハウスクーパース)

2013-05-17 20:50

OTTとは?

 OTTは「Over the Top」の略語で、目標や限界を超えるという意味があります。さて、Over the Topと言えば思い浮かぶのは1987年、Sylvester Stallone主演の映画『Over the Top』という方もいるでしょう。

 複雑な人間関係の中、息子への想いをぶつけてアームレスリングの世界大会に挑戦する父親の物語で、息子への愛が体力の限界を超えた健闘をみせつける--アメリカンドリームを象徴するような感動的な映画でした。

 しかし、今回のテーマになっているOTTは、ネットワーク事業者の上でサービスを提供するサービスを指します。本来の意味からすれば、通常のサービスの枠を超えた感動を呼ぶ仕組みであると推察されます。具体的には「Hulu」や「Netflix」のように、テレビ、スマートフォン、タブレットで楽しめる映像コンテンツサービスをイメージすればいいでしょう。

 こうしたOTTサービスは日本ではこれからの感もありますが、世界的には近年非常に人気を博しており、利用者も右肩上がりで増えています。ただし、さまざまなタイプが混同し、理解しにくい世界になっているので、この講座で整理します。

OTTの種類

 OTTはその提供スタイルにより、大きく3種類に分類されます。

  • PC型
  • セカンドスクリーン型(スマートフォン、タブレット)
  • テレビ/レコーダー型


 PC型の場合、ブラウザ上でサービスが提供されます。ネットワークはISPから提供された光ファイバなどのブロードバンド回線経由、ハードウェアは各PCメーカー、MicrosoftやAppleのOS上で、ブラウザを経由してサービスを提供するモデルです。


PC型のイメージ

 セカンドスクリーン型では、ブラウザではなく専用アプリをダウンロードしてアプリ経由でサービスを提供するモデルであり、スマートフォンやタブレットでコンテンツを視聴するモデルがこれにあたります。つまり、スマートフォン、タブレットでの視聴ですので、現状はApple、Googleの提供するOSおよびアプリケーション提供プラットフォームがベースとなっています。MicrosoftもWindowsベースのWindows Phoneを提供していますが、現在は苦戦を強いられています。

セカンドスクリーン型
セカンドスクリーン型

 ちなみに、少し形は違いますが、携帯電話(フィーチャーフォン)時代にもセカンドスクリーン型に似たサービスは展開されていました。ただし、フィーチャーフォン時代には、端末開発からOS、さらにはアプリケーション、サービスをNTTドコモなど通信キャリアが主導権を握っており、それぞれ独自のプラットフォーム上でコンテンツを展開し、キャリアごとにさまざまな差別化が図られていました。

 しかし、スマートフォンの時代になり、スマートフォンのプラットフォーマー、すなわちAppleやGoogleがOSからアプリ提供までの主導権を握るようになると、通信キャリアは、サービスコンテンツに対する主導権を失います。思うように独自のサービスを展開できなくなっただけでなく、競合他社との差別化が非常に難しい状況となってしまいました。

 つまり、通信キャリアはデータをただ流すだけのいわゆる「土管」と化してしまい、その上位レイヤで展開されるさまざまなサービスやコンテンツビジネスにはかかわることができないビジネスモデルになってしまったのです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]