編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

スマホ比率8割に迫るも、Android不振で成長鈍化も--IDC調査

山田竜司 (編集部)

2013-09-09 12:48

 IDC Japanは9月9日、2013年第2四半期(4~6月)の携帯電話出荷台数実績(スマートフォンとフィーチャーフォンの合計)を発表した。前年同期比の7.1%増となる844万台となり、スマートフォンの台数は26.8%増の653万台へと拡大した。これにより、携帯電話総出荷台数におけるスマートフォン出荷比率は77.4%に上昇した。

 IDCは携帯電話出荷台数増加の主要因として「iPhoneの出荷台数が増加したこと」「前年同期に半導体供給不足により出荷台数が減ったことの反動増」を挙げた。

 携帯電話出荷台数におけるベンダー別出荷台数シェアは、Apple(27.9%)、ソニー(15.9%)、シャープ(15.1%)という結果だった。Appleは3四半期連続で首位の座を維持した。ソニーはNTTドコモ向けスマートフォンの出荷台数が大幅に増加し、シェアを前四半期(2013年1~3月)の9.5%から大幅に伸ばしシェア4位から2位となった。

 スマートフォンにおけるベンダー別シェアでも、Appleが市場占有率36.1%と首位の座を維持した。以下の順位では、「Xperiaシリーズ」の販売が好調なソニー前四半期の13.3%から20.6%にシェアを拡大して第2位に上昇。第3位はシャープが続いた。ドコモのプロモーションなどによりサムスンがシェア第4位になった。

 IDCは今後のスマートフォン市場について「2013年第3四半期(7~9月)以降は、次世代iPhone端末が市場投入される可能性が高いため、一時的に高いプラス成長率を記録する可能性がある。一方、Android端末の販売不振などにより、年後半にかけて成長率が鈍化する可能性がある」としている。


2013年第2四半期 国内携帯電話出荷台数ベンダー別シェア 合計844万台

2013年第2四半期 国内スマートフォン出荷台数ベンダー別シェア 合計653万台

2013年第1四半期 国内携帯電話出荷台数ベンダー別シェア 合計956万台

2013年第1四半期 国内スマートフォン出荷台数ベンダー別シェア 合計681万台

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]