編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

まずは構造化データの有効活用から--アナリティクスに取り組む企業が増加

山田竜司 (編集部)

2013-10-09 14:01

 2012年のBAソフト市場規模は前年比8.0%増の1514億3700万円。2012~2017年の年平均成長率(CAGR)は8.7%と予測する。


IDCのBAソフトウェア市場定義

 IDCによると、2012年のBAソフトウェア市場は、データウェアハウス(DWH)管理基盤市場が前年比8.1%増の605億4600万円、ビジネスインテリジェンス(BI)市場が同7.9%増の443億3700万円、パフォーマンス管理/アナリティクス向けアプリケーション市場が同7.2%増の377億6300万円、位置/空間サービス情報分析ツール市場が同10.5%増の69億3000万円、コンテンツ分析ツール市 場が同20.0%増の18億6000万円。


国内BAソフトウェア市場 売上額予測 2012~2017年(IDC提供)

 IDCは、同市場が堅調な理由として、多くの企業がビッグデータ活用への取り組みとして、まず構造データの分析に着手したことが DWHシステムやレポーティングシステムなどの再構築につながった背景があると分析する。また、BAが企業の成長に直結する投資分野であることも原因の1つという。

 国内BAソフトウェア市場は、2012~2017年にCAGRが8.7%で推移して、2302億4700万円になると予測している。セグメントごとでは、市場の構成比が高い、DWH管理基盤市場が893億4100万円(CAGR8.1%)、BIツール市場が671億5900万円(同8.7%)、パ フォーマンス管理/アナリティクスアプリケーション市場が572億9700万円(同8.7%)としている。

 IDCは「BAソフトベンダーには特定事業部門だけの可視化だけでなく、IT部門を巻き込んで全社的に情報を分析、可視化できる機能や環境作りへの支援が求められる」とコメントしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]