編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

総合エンジニアリングの千代田化工、グローバルで経営管理システム構築

田中好伸 (編集部)

2013-11-14 16:55

 総合エンジニアリング大手の千代田化工建設は、データ管理基盤を整備してグローバル経営マネジメントシステムを構築した。プロジェクトを支援したアビームコンサルティングが11月12日に発表した。

 千代田化工建設グループはコア事業の成長や事業領域の多様化などから事業基盤をこれまで整備してきた。2013年度からは新中期経営計画をスタートさせている。今回構築したグローバル経営マネジメントシステムは、新中期経営計画に掲げられた「データ管理基盤の整備と運用」を実行するためのものになる。グローバルの情報基盤として、グループ全体の情報をリアルタイムに把握して、経営資源の最適化を図ることを狙っている。

 新しいグローバル経営マネジメントシステムは、グローバルで標準のプロセスやシステムを構成するグローバルテンプレートをベースに導入、展開するテンプレートアプローチを採用した。グループ全体の業務プロセスやシステム、経営情報の標準化が可能になるという。

 新システムは、統合基幹業務システム(ERP)パッケージ「SAP ERP 6.0」が中核。プロジェクト管理として、プロジェクトポートフォリオ管理(PPM)ソフトウェア「Oracle Primavera P6」とプロジェクトコスト管理ソフトウェア「PRISMG2」を使った。

 プロジェクトには、アビームのほか千代田化工建設の情報システム部門と情報システム子会社の千代田システムテクノロジーが参画した。業務プロセスの策定では、アビームが開発した、業種別業務プロセス標準モデルの「エンジニアリング企業向けIndustry Framework」を使用した。システム開発とテストでは、アビームのオフショアリング拠点のGlobal Development Centerを活用した。

 中東拠点での導入では、アビームの海外拠点からコンサルタントが参画してプロジェクトを進行している。稼働後もアビームの国内と海外のオフショア拠点を活用して運用を支援していくと説明している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]