編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

北日本銀行、クラウド型CRMで顧客満足度向上を目指す

山田竜司 (編集部)

2013-11-22 17:03

 北日本銀行は地域金融機関向けのクラウド型CRMを採用し、コスト削減と顧客満足度の向上に取り組んでいる。サービスを提供したインテックが11月22日に明らかにした。

 北日本銀行では、顧客との長期的な関係の構築や、質の高い対面渉外サービスの実現を目指す一方、設備投資やシステム運用にかかる経費の圧縮を課題としていた。

 同社は対策としてインテックの「F3クラウド CRMサービス」を採用。同サービスは特定の業種、団体に特化しており共同利用を前提に構築された「コミュニティークラウド」型の金融機関向けCRMサービスである。

 CRMシステムの導入検討にあたり、インテックの金融機関業務ノウハウや導入実績などが評価し、採用を決定したという。

 同サービスは、2014年2月より販売を開始予定。運用基盤として「インテック富山データセンター」を使用、金融機関特有の高セキュリティ要件にも応えるとした。また、データ連携のプラットフォームとして「Informatica Power Center」を採用。実データの棚卸しから連携全体の可視化をすることで、変換処理の開発効率化を実現。自社内のサブシステムのデータをスムーズに取り込めるという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]