編集部からのお知らせ
(記事集)ニューノーマルで伸びる業界
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧
大元隆志のワークシフト論

アラフォー社員が考えるべき4つの働き方(前編)

大元隆志(ITビジネスアナリスト)

2013-11-27 07:30

 今回はこれから多くの企業が直面するであろう「アラフォー社員の諦め症候群」について考えてみたい。

 筆者は1974年生まれであり、来年40歳を迎える。私の世代は「団塊ジュニア世代」と呼ばれ、別名第2次ベビーブーム世代とも呼ばれていることから、現在の日本の就業人口の多くを占めている世代だ。

 1974年生まれはこの団塊ジュニアで最も若かったので、来年全員が40歳に到達するというわけだ。そして、この次の世代ポスト団塊ジュニアも続々と「アラフォー」への仲間入りをはたしていく。


日本の就業人口ピラミッド(出典:総務省統計局)

 2013年1月時点の日本の就業人口ピラミッドを見るとこの2つの世代「アラフォー」が多く占めているのがわかる。言わば日本の労働力を担っているといっても過言ではない。

 

 知識と経験を備え人口も多い、この層の活用力が企業成長の成否を左右することは容易に想像できる。しかし、何も対策を講じなければ今後、多くの企業で「無気力アラフォー社員」を大量に抱えることになると筆者は推測する。

企業の若返り--突然同期が社長に

 2012年に好業績を続けていたにもかかわらずヤフージャパンの井上雅博氏(55)は宮坂学氏(44)へバトンを渡した。宮坂氏は44歳。もし、自分の働く会社でアラフォー世代が社長になることがあればどうなるだろうか。

 想像してみてほしい。同期が「社長に抜擢」される姿を。当然社長が若返ったのだから、社長の部下も若返りが計画されることは十分考えられる。

 その時社長より年齢が高い者を重く用いるか、それとも伸び代のある若い世代にチャンスを与えるか。もちろん能力次第ではあると思うが、より若い世代にチャンスを与える若社長が多いのではないだろうか。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]